Google Translator

玉城城 : 丘陵上の城壁とアーチ門が特徴的なグスク


玉城城 : 丘陵上の城壁とアーチ門が特徴的なグスク

玉城城(たまぐすくぐすく)は沖縄本島南部の独立丘陵上に残るグスク跡で、琉球開闢(かいびゃく)の祖・アマミキヨ築城の伝説が残る。発掘調査からは14〜15世紀末の遺構が出ており、玉城按司の小規模な拠点を経て、琉球国王の東御廻り拝所の一つとなったと考えられている。丘陵の頂部にあたる一の郭には石垣が良好に残り、琉球石灰岩をくり抜いたアーチ門が城下からも見える。古絵図には更に二の郭・三の郭にも石垣の城壁がぐるりと囲っていたとあるが、戦後の米軍基地建設で二の郭以下の石垣は持ち去られ、今は僅かに痕跡が残るのみとなっている。

<基本データ>
●名称:玉城城 (Wikipedia)
●所在:沖縄県南城市 (地図)
●城主:伝アマミキヨ、玉城按司
●築城:14世紀頃?
●遺構:石垣、アーチ門、石畳、拝所
●時間:30分 (1330−1400)

訪問時期:2019年3月


<訪問記>

訪問時期:2019年3月
撮影機器:FUJIFILM X-T20 + XF10-24mm

一番上へ戻る。

Original article source:https://akiou.wordpress.com/2019/08/15/tama-gusk/

Our website just crawl all the Japanese bloggers and Translate with Microsoft api. If you have any questions about articles, please ask bloggers who post these articles.

Our website is operated with non-profit. We are always looking for donations through bitcoin, so it would be appreciated if you would like to appreciate our site. Thank you.

■Bitcoin address
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。