Google Translator

7月11日(木) 平日午後の秋葉原、メイドリフレのフェリシーさんにて・・・

7月11日(木) 平日午後の秋葉原、メイドリフレのフェリシーさんにて・・・

皆さん、こんばんは! 今日は昼から午後半休を取得し秋葉原に行って来ました。
そして以前から気になっていた秋葉原近くにあるメイドリフレの「フェリシー」さんに行って来ました。
メイドリフレというと風俗店を連想される方もいますが、健全に衛生管理された清潔感溢れるお店でフェリシーではボディケアリフレクソロジーをメイドさんが丁寧に心を込めて施術してくれるのです。
単に疲れた身体のケアをするだけでなく、お茶を飲みながらメイドさんとの楽しい会話で、
心も癒してくれるのです。
 
リフレクソロジー(日本語訳:反射療法)を簡単に説明すると、アメリカ発祥の民間療法で足裏の特定部位を刺激することで対応する内臓に働きかけを行い不調を改善する効果があるといわれています。日本では足裏マッサージと呼ばれることがあります。
但し、近年の研究では足裏の部位と対応する臓器との関連がないのではという説もあり、マッサージ以上の効果はないようです。
 
人気の高いお店と聴いていましたので、ホームページから予約して行きました。
ホームページでは希望時間から施術担当のメイドさんを指名することができます。
指名できるのは出勤している(出勤予定のある)メイドさんになります。
別途、施術費以外に指名料もかかります。
予約なしでも空いているメイドさんがいれば応じてもらえますが予約して行くのがベストではないでしょうか。
 
まぁ、そんな固い話は置いておき、さっそく体験してきたことを書いていきます。
お店は、秋葉原近くの都営新宿線の岩本町駅から徒歩10分ほどの場所にあります。
詳細は下記のホームページをご覧ください。
 
こちらのビルの6階にあり、1階は居酒屋さんで昼は定食を出していてサラリーマンが多数来店していました。
居酒屋さんの隣にビルの入口があり、フェリシーの看板もありました。
奥に進むとエレベータがあり、6階まで上がります。
上がると、このような立派な木製の扉があってちょっと豪華だったので驚きました。

インターホンで呼び出すように書かれていたのでさっそくインターホンのボタンをポチっと押すと、すぐに女性の声で返事があり、扉がガチャっと開きました。

メイドリフレのお店なので通常ならメイド服を着用したメイドさんのお出迎えですが、今日はイベント期間中ということで、Tシャツに短パンという夏らしいビーチスタイルでした。
 
出迎えてくれたメイドさんは朔久(さく)さんでした。
朔久(さく)さんは私が今回指名したメイドさんでショートカットヘアが似合う明るく元気な方でした。
Tシャツに短パンだと綺麗な足に目が行ってしまいそうでやり場に困りました。(^^;)
 
店内は玄関で靴を脱ぎスリッパに履き替えて、リビングのような部屋に案内されました。
ホームページの画像を見てもらうとわかるのですが、どこかの家のリビングみたいな家庭的な感じでテーブルも3卓置かれていました。
 
マッサージやリフレクソロジーのような待合ルームではないのが意外で、雑居ビルの内装が住宅のようなのも驚きました。
 
テーブルに座ると、メイドの朔久さんがお茶を用意してくれて、それを飲みながらお店のシステムやメニューの説明を伺いました。
丁寧な言葉遣いで、わかりやすく説明をしてくれました。
メニューはホームページをご覧いただければわかりますが、アロマオイルを使用したコースもあり女性が受けてみたいコースも用意されています。
 
私が今回予約したのはバックセラピーコース(45分:5500円)でした。
肩周りから足までストレッチで血流促進して凝りをほぐしてくれるコースです。
 
説明のあと、注意事項に同意する誓約書にサインすることになったのですがそこで私のSNSのネームを記入して渡すと私が朔久さんのTwitterアカウントフォローしていたので気づいてくれました。
実はホームページで予約した際は本名で予約していたので私がフォロワーであったことは朔久さんは知らなかったのです。
 
コンカフェによく通っていることをTwitterアカウントを見ておられて、私は少々恥ずかしかったですが朔久さんもコンカフェに通う人だったので安心しました。(^^;)
 
案内が終り、他のメイドさんが着替えなどを用意してくれていてそれが完了すると階段を下りて施術する部屋に案内されました。
 
こちらはメゾネット構造で下の階とは屋内の階段で接続されているのです。
店が店舗構造でも事務所構造でもないのでずっと気になっていました。
施術後に教えてもらったのですが以前はビルのオーナーさんの住居スペースだったとか。
なのでキッチンや部屋が住宅仕様となっていたのです。
 
施術部屋は広い部屋でホームページでも見ることが出来ます。
ここで半袖、短パンの施術用の服装に着替えて、まずは施術用の椅子に座りフットバスで足を温めながら背中周りを揉んでいただきました。
 
それが終ると、施術用ベットに移動し仰向けで寝て肩周りから足まで丁寧に力加減も気を配り施術してくれました。
施術の間もフェリシーの事を教えていただき、とてもゆったりとした寝落ちしような気持ちよさでした。会話していてもあまりに気持ちよくて寝てしまいそうでした。(^^;)
 
朔久さんになぜフェリシーでメイドさんになったのか伺ったところ、朔久さんは元はお客様として通っていたそうでオーナーの光(あきら)さんからお誘いを受けてメイドになったそうです。
今ではオフの時もフェリシーに帰宅するというほどお店に愛情があるようです。
 
フェリシーでは、メイドさんの仲もとても良好でメイドさん同士で遊びに行くこともあるし、お店で親睦を深めるために親睦会を行ったりオーナーさんがメイドさんが働きやすいように気を配っていることがわかります。
メイドさんも在職年数が長い方が多いそうで、それを聴いても良い職場環境であることがわかりました。
 
45分はあっと言う間に過ぎてしまいました。
今回はお試しもあって45分という短い時間で予約しましたが、メイドさんの施術技量は問題なく揉み返しもありませんでした。
私も過去、中国伝統整体を大阪で専門の学校で習得していたのでボディケアの良し悪しは多少わかります。
 
フェリシーのメイドさんのボディケアはとても気持ちよくスッキリできたので身体が疲れている方にはおススメしたいです。
 
ボディケアが終了すると着替えて、またお茶が運ばれてきてゆっくり飲みながらメイドの朔久さんと雑談をしました。
 
そしてまた上の階に上がり精算が行われてポイントカードも発行してもらいました。
ホームページには新規のお客様はメイドさんに会計時に申告すれば1000円割引すると書かれていますので、初めてのお客様は忘れず申告してください。
申告しないと割引にならないそうです。
 
ポイントカードを貯めると色々なグッズと交換できるようで、オリジナルのチェキ帳、オリジナルのデザインのタオルとか魅力あるグッズがあります。
それとは別にポイントカードの累積枚数でも特典があるとのこと。
ポイントが2倍なる日や加算される日も毎月あるとのことで貯めやすいのではないでしょうか。
 
今年の春までは毎月、大手のボディケアのお店で身体の疲れをとるために通っていましたが、担当していたセラピストさんが退職されてしまい通うお店を探していました。
今後も通って身体の疲れを癒してもらいたいと思いました。
 
次回来店した時は朔久さんのメイド服姿を見てみたいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Original article source:https://ameblo.jp/aino8888/entry-12492889204.html?frm=theme

Our website just crawl all the Japanese bloggers and Translate with Microsoft api. If you have any questions about articles, please ask bloggers who post these articles.

Our website is operated with non-profit. We are always looking for donations through bitcoin, so it would be appreciated if you would like to appreciate our site. Thank you.

■Bitcoin address
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。