Google Translator

上信越へ予算30000円で巡る旅⑫ 妻沼の歓喜院聖天堂と、行田のゼリーフライ


上信越へ予算30000円で巡る旅⑫ 妻沼の歓喜院聖天堂と、行田のゼリーフライ

渋川伊香保ICから関越道で帰ろうとしたが、
渋滞している事が判明

無駄なお金は払いたくないので、
『丈夫な道路』経由で帰路につく。

途中、少しコースアウトして、
埼玉の熊谷、妻沼にある聖天様に寄ることにする。

ここに着いたのは午後3時だったので、
埼玉ご当地B級グルメに数えられる稲荷寿司はゲットならず😭

有名な店は3店舗だが、
他にも置いてある店があるはずと、
周囲を探してみたが、
そんな店は見当たらず。。。( 。゚Д゚。)
今回の旅、3品目のロストなり。。。

みなさん
おいなりさんを確実に食べたいなら、
昼過ぎ迄を狙うように

だが、1つ収穫が、、、
ここのお寺さんは、
なかなかの寺院である事が判明\(^^)/

折角なんで、お詣りしていきましょう。

20181027_145621

お寺というより、神社に近いビジュアル

20181027_150659

ここ歓喜院聖天堂は、真言宗の寺院

聖天様とは、
象の顔をした天族の仏教界の神様で、
体2つで1体になっている。

インドの仏教では、意外に像に乗っている神様って多いんだよね、、、
中には像の顔をした神様も居たり、、、

ま、それはともかく、、、、

この聖天様は、
夫婦和合や厄除けの神様のようで、
その姿は秘仏なので非公開。

しかも、かなりキレイ好きらしいので、
俺みたいな汚ないニワトリ野郎には
場違いな場所かもしれない( 。゚Д゚。)

参拝される方は、身なりに気を付けましょう(^^)
そして取水舎で、手は清めたほうがいい。

20181027_150808

ここは2本の杉系の大木が、
互いを助け合うように立っていることから、
縁結びとして有名。

これらの事もあってか、
寺院にしては珍しく、
ここで結婚式をあげる夫婦が年数組あるらしい。

貴重な仏式結婚式、、、
一度見てみたいものだな。。。

さて、向かうは行田。

埼玉ご当地B級グルメの1つ、
行田のゼリーフライを5年振りにゲットしたい。

ただ行田のフライやゼリーフライの各店舗は

駐車場が無いので車組はかなり苦労する。

うちらも30分位、グルグル回ったな。。。

20181027_161819

店舗が減ってきたのは、
ブームが去った事や高齢化のせいだけではなく、
駐車場が無く不便なのも影の原因のような。。。

R122沿いにある肉屋さん、
鳥正本店さんを見つけた!!

手羽先紅葉サマに車を任せ、
そこらのスーパーで待機してもらい、
俺は徒歩で店に向かう。

ゼリーフライは、1枚70円位。

ゼリーフライとは、
ゼニ(銭)が由来だとか。
ま、形は小判みたいだな。。。確かに。。。

衣の無い豆腐コロッケをソースで潜らせた感じ。
この店のは以外に固く、サクッとしていた。

20181027_162048

20181027_162110

注文で揚げてくれるので時間はかかるが、
揚げ立てが食えるのが良い。

鳥正本店さんの場所
行田市行田13-3

http://www.kodaihasu.com/seiniku/torisho.html

自宅に帰ったのは夜8時
精算してみたら、出費29950円👛

どうにか30000円で収まりました\(^^)/

Original article source:http://niwatori-onsen.blog.jp/archives/34605220.html

Our website just crawl all the Japanese bloggers and Translate with Microsoft api. If you have any questions about articles, please ask bloggers who post these articles.

Our website is operated with non-profit. We are always looking for donations through bitcoin, so it would be appreciated if you would like to appreciate our site. Thank you.

■Bitcoin address
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。