Google Translator

10月21日(土) 秋葉原 雪の妖精の住処 リリアンプリアン初潜入・・・

10月21日(土) 秋葉原 雪の妖精の住処 リリアンプリアン初潜入・・・

★★★ 2019年5月18日(土) 更新 START★★★ 
2019年5月9日(木)に1年半ぶりにリリアンプリアンに行って来ました。
お店の状況、メイドさんもすっかり変わっていました。
下記の記事(2017年10月時点)をお読みいただいた後、最新の記事をお読みいただければ幸いです。
最新の記事は一番最後にリンクを貼っています。
★★★ 2019年5月18日(土) 更新 END★★★ 
 
★★★ 下記は2017年10月時点の記事になります。 ★★★
    ↓     ↓       ↓
皆さん、こんばんは! 昨日は、週末の土曜日ということで、秋葉原に行ってました。
 
まずは、アクアプリンセスHoneyhoney秋葉原店を巡ってきました。その事は後日、書きたいと思います。
 
Honeyhoneyを出て秋葉原駅に向かう途中、薄めの青いコートを着た小柄なメイドさんが、立っていてチラシを配っていましたが、寒そうな感じでした。
 
通常なら通り過ぎるですが、桃太郎のコンカフェレーダーが、ビビッ!っと頭の中で鳴りました。(ちょっとオーバーな表現ですが。)
 
メイドさんの感じからいいお店ではないかと感じたのです。
メイドさんに近づいて、システムを聴くと1時間500円のチャージ料金とワンドリンク制とのことでした。
 
メイドさんは、チラシだけでももらってくれたらいいというような控えめのでした。
小柄な身体を寒そうに立っているのは、見ていても可愛そうで、せっかくなので、入ることにしました。
 
お店は、みけねこカフェ秋葉原店を道路を挟んだ向かい側のビルになります。
下記の地図では赤い四角で囲ったたビルの2階にあります。
緑の丸印がHoneyHoney秋葉原店です。
青い丸印がみけねこカフェ秋葉原店です。
{B49C98FD-0DDB-4669-9CBD-61EE746A3E6C}

メイドさんの案内で、お店に入ると、カウンターだけでしたが、その形が面白く6角形の形をして、中央の部分が、メイドさんがお給仕する場になっていて、流し台、ドリンクセッティング台が置かれていました。
 
座席は26席ぐらいあったとおもいます。
 
お店の公式Twitterはこちら。
メイドさんやお店の様子がわかりますよ。
{BD58E0CE-6D22-4849-BBC0-37EA530714A7}
私はカウンターの空いている席に座りました。店内には、常連さんが3人、新規のお客様が1組(2人連れ)がいました。
 
案内してくれたメイドさんが、自己紹介してくれて、お名前が紫水(しすい)さんということがわかりました。
 
お店のシステムを案内してくれて、まずはホットコーヒーを注文しました。
{0AB680D9-6753-406B-A7DF-6D2E1359E0FA}
メイドさんの制服は雪の妖精ということで、薄い青色の制服で、とても可愛かったです。
店内は薄い青色を基調とした雪の国をイメージした感じでコンセプトカフェのように凝った飾りはありませんが、そのなにもないシンプルな感じが落ち着く感じで良かったです。
 

カウンターには充電できるコンセント、またWIFIも完備しています。

 
お店は13時から23時までの営業なので、平日の昼間にメイドカフェでメイドさんとお話しをしたい方にはおススメです。
また東京近郊以外の遠方から来た方も、昼間から営業していて、チャージ料金も秋葉原平均より安めなので、入りやすいと思います。
 
お店の中をカウンターが6角形なのは偶然ではなく、コンセプトの雪に合わせて結晶の形にしたのだとわかりました。
 
さて、このカウンターは、意外と便利で、メイドさんが動きやすいので、テーブルやカウンターにありがちな死角がなく、メイドさんがどの席にいても話に来てくれます。
 
近くに座る初対面のご主人様とも不思議と話が始まり、お店の事や秋葉原のコンカフェの話で盛り上がりました。
 
どの席にいても向かい側のご主人様、隣に座るご主人様とも話しやすく、自然と仲良くなるようです。
 
新規のお客様も、メイドさん達が作るカクテルを味わいながら、会話を楽しんでいるようでした。
 
お給仕していたのは、海月(くらげ)さん、めあさん、愛歌(まなか)さん、紫水さんでした。
 
海月さんは、眼鏡をかけた美人さんで、キャンディグループのアクアプリンセスにのアクア(メイドさん)のゆらちゃんによく似た感じの人でしっかりしている印象を受けました。
 
この後、めあさんが挨拶に来てくれたのですが、初対面なのに会ったような感じがすると言われて、私はどこかで会ったかなと思いだしましたが、該当しないのです。
 
めあさんは、私の名前が桃太郎ということで、思い出し「トイグループのメイドカフェに行く方ですよね」「ブログを書いてませんか?」と聞かれて、更に私が驚きながら、その通りと返事をすると、めあさんは私のブログを昨年から読んでくれていた読者だとわかりました。
 
会った事があると言ったのはブログで私が自身のチェキ(メイドさんとのツーショット)を載せていたので見覚えがあったからでした。
 
私は更に驚くと共に、読者がかなり広範囲にいることを改めて知り、また私の顔が随分、認知されていることにブログにチェキを載せることを考えなくてはと思いました。(^^;)
 
初めて行く店で、まさかブログの読者に出会うとはおもいませんでした。
 
めあさんは、とても明るく爽やかな感じで話しやすく、人見知りもしてなくて気さくに話をしてくれるし、話もちゃんと聞いてくれます。
メイドさんにピッタリの人だと感じました。
 
めあさんは、私が秋葉原のメイドカフェに行く事を知っていたので、他の店に行くのが忙しくて、リリアンプリアンに来店してくれるとは思わなかったと話してくれて、喜んでくれました。
 
紫水さんに出会って案内してもらえなかったら、めあさんとも出会えなかったなぁと、不思議な縁を感じました。
 
ところで、めあさんが、私のブログを読んでいたのは、メイドさんになりたかったので参考にする為だとか。
嬉しい言葉で励みになりますが、私のブログが少なからずメイドさんになりたい方に影響を与えていることにブログの内容を充実させていかなくてはと思いました。
 
さて、ここで他の常連さん、海月さん、めあさんなどを交えて、秋葉原、大阪や名古屋のメイドカフェの話をして盛り上がりました。
 
この後愛歌(まなか)さんが挨拶にきてくれて、この日が初お給仕とのことでした。
 
先輩のメイドさん達から教えてもらいながら、お給仕していましたが、お話しも積極的にしていて、とても初めてとは思えませんでした。
 
さて、メイドさんが1時間経ちますが、どうしますか?と聞いてきたので、延長しますと答えてしまいました。(^^;)
1時間ぐらいの予定でしたが、楽しすぎて、もう1時間いようと延長してしまいました。
 
時間は、他のお店と同じく自己管理なのですが、メイドさんによっては事前に教えてくれたりします。
 
ただ、伝票があるわけではなく、開始時間はわからないので、注文を取る時に確認しておいた方がいいです。
 
こちらのお店は、新しいお店で導入されているタブレットでの会計システムなのです。
タブレットに注文があった席番号と注文した内容を入力し、計算する仕組みで、手書きの伝票はないのです。
 
私は、2杯目のドリンクをトマトジュースにしました。
{C133745A-C930-4D25-85BC-74B43E2C6EF5}
メニュー内容はお店で確認して欲しいのです。
ただ、ホームページも現在(2017年10月21日)なく、ネットで確認できないのに、いきなりお店に行くのは抵抗あると言う方の為に、ここでは簡単に書いておきます。 
 
ソフトドリンクは500円、アルコールは、カクテルやビール、ウィスキーが600円~700円ぐらいとリーズナブルな価格になっています。
 
フードの、価格は様々なのではここでは割愛します。
唐揚げ、パスタ、カレーライス、オムライス、ソーセージ盛り合わせ、フライドポテトなどあります。
デザートは、パンケーキ、パフェ、アイスクリームなどがあります。
 
チェキはメイドさん一人で500円、メイドさん一人追加するごとに500円かかります。デカチェキは1000円になります。
妖精さんへの贈り物(ドリンクのプレゼント)は1000円となります。
 
他の常連さんも話していましたが、秋葉原のメイドカフェにしては安いとのことでした。
 
ビール(アサヒのスーパードライですが)600円で飲めるのは有難いと話していました。
 
⭐︎価格について
     2017年10月21日時点の価格を記載しています。
     今後、改訂もあるかもしれませんので参考程度
     で認識していただければと思います。
 
常連さんから、他のお店の評判や情報も聴けて、とても有意義で楽しい時間を過ごせました。
 
こうして2時間ほど滞在しましたが、メイドさんもたくさん話しに来てくれて、常連さんとも絡めて良かったです。
 
お会計をしてお店をでましたが、ちらはオープンしてまだ1ヶ月余りで、ポイントカードがない状態です。
 
メイドさんの話では、近々発行されるそうで、レシートは保管して欲しいとのこと、後付けでポイントをつけることができるそうです。
 

レシートには、注文した内容がきちんと出ているので、自分でも確認できます。
 
楽しく過ごせるお店を偶然にも見つけることが出来て良かったです。秋葉原にお越しの際は、是非帰宅してみてください。
 
明るく元気な可愛く綺麗な妖精メイドさん達が笑顔で出迎えてくれますよ。
 
★★★ 2019年5月18日(土) 更新START ★★★
下記の記事が最新になります。構成としては前半が秋葉原にあるメイドカフェ「らぶでじ」さんについて、後半がリリアンプリアンについて書いています。
★★★ 2019年5月18日(土) 更新END ★★★
 

Original article source:https://ameblo.jp/aino8888/entry-12321656040.html?frm=theme

Our website just crawl all the Japanese bloggers and Translate with Microsoft api. If you have any questions about articles, please ask bloggers who post these articles.

Our website is operated with non-profit. We are always looking for donations through bitcoin, so it would be appreciated if you would like to appreciate our site. Thank you.

■Bitcoin address
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。