Google Translator

5月9日(木) メイドカフェ「らぶでじ」と「リリアンプリアン」を巡ってみて・・・

5月9日(木) メイドカフェ「らぶでじ」と「リリアンプリアン」を巡ってみて・・・

皆さん、こんにちは! 今回は秋葉原のメイドカフェ「らぶでじ」「リリアンプリアン」について書いてみました。
リリアンプリアンは、2017年12月までは、何度か通っていました。
それ以降は、ご無沙汰になり1年半ぐらい行ってませんでした。
 
5月9日(木)は仕事終わりに秋葉原に行きました。
メイドカフェ「らぶでじ」で知っているメイドさんがお給仕しているとTwitterで知り会いに行くためでした。
会いたいと思ったメイドさんは夢川しおんさんで、私が以前から応援している猫耳メイド屋のメイドのゆりさんの推しメイドさんです。
ゆりさんから紹介してもらって会いに行ってます。
らぶでじは、うさぎさんをコンセプトにしたお店でメイドさんはピンクの可愛いオリジナルメイド服でお給仕しています。
 
Twitterアカウントはこちら。
@Love_U_daisy
 
お店がオープンしてからは色々噂が絶えなかったのですが運営する企業変わり(経営譲渡)店内の雰囲気もとても良くなり、今は常連さんもたくさん通うほどです。
しおんさんとは久しぶりにお話しをしましたが楽しく過ごすことが出来ました。
まだ先なのですが彼女のBDイベントのことなども相談されて私も出来る範囲でアドバイスや激励の言葉を伝えました。
メイドさん達も可愛い、綺麗な方が多いし積極的に話に来てくれますので楽しく過ごせますよ。
 
らぶでじを出た後、まだ20時過ぎたところで時間はあったのでリプライをもらっていたリリアンプリアンに行くことにしました。
 
リリアンプリアンは雪の妖精の住む国をコンセプトにしているお店で久しぶりにTwitterでリリアンプリアンの事を調べてみると綺麗なメイドさん達が多く在籍していることがわかりました。
 
リリアンプリアンのシステム、お店の場所、メニューなどを知りたい場合は公式HPをご覧ください。
 
看板では、23時まで営業となっていますが、現在は22時30分までとなっていますので気をつけてください。
 
なお、営業開始時間は、平日は13時から、休日は11時からと早い時間からとなっていますので、観光、仕事の合間で昼間に秋葉原に来た際にふらっと立ち寄れるお店です。
雑居ビルの2階にあるので階段、エレベータで上がります。

扉を開けるとそこは雪の国です。

お店に入ったのは久しぶりで、店内の内装の変化に大変驚きました。
カウンターテーブル(6角形)の一部を変えてステージが出来ていたり、大きなモニター画面が二つも設置されていたりと以前と比べて充実していました。
私が最初に来ていた時はステージはなく、メイドさんのライブもメニューにありませんでした。
チェキもお店の片隅で撮っていたのが今は広いステージで撮影できるし、ライブも出来るようになりました。
 
そしてメニューが変わっていたことも驚きでした。
以前は冊子のような形で珍しいものではありませんでしたが、今はカウンターの形(6角形)に合わせていました。
リリアンプリアンのカウンターは他店では珍しい6角形をしていて、これは雪の結晶の形なのです。カウンターやメニューにもコンセプトを反映していることがよくわかりました。

メニューも写真入りでわかりやすく、見ていても楽しめるようになっていました。

私は知らないメイドさんばかりなのでアウエー感を味わいながら入り口そばの席に座りました。まずはジンジャーエールを注文しました。

店内は、常連さんらしい人が多数来店しGW明けの平日の夜にこれだけお客様が来るとは人気の高いお店なのかなと感じました。

 
お給仕しているメイドさんのお給仕している数も多かったです。
私はゆっくり店内の様子を見ながら、時にはTwitterでTLをチェックしたり過ごしていました。
 

新人のメイドさんが積極的に話かけてくれて色々とお話をすることができました。

メイドさんを見ていて気づいたのがメイド服が2種類あって1つは薄い青色の私が見たことのあるメイド服で、もう一つは濃いブルーのメイド服でこちらはオリジナルメイド服を製造販売しているキャンディーフルーツのメイド服であるこはわかりました。
 
メイドさんに聴いてみると、薄い青色のメイド服は研修中に着用するメイド服、濃い色のメイド服は研修が明けて一人前のメイドさんになって着用できるとのことでした。
ただ、お給仕するメイドさんが多くてメイド服が足りない場合は、一人前のメイドさんが薄い青色のメイド服を着用できるとのことでした。
 
店内は、お客様とメイドさんが楽しく談笑する声が響いてました。
メイドさん達のお給仕を見ていると、新人さんも先輩のメイドさんからの指導を受けてよく動いていました。
お話してくれたメイドさんの名前は全部が覚えきれなくて、覚えていたのはゆずさんシュネさんです。
 
ゆずさんは私にリプライをくれたメイドさんでお会いした時はとても喜んでくれて「こんなにも早くお会い出来るとは思っていませんでした」と言ってくれました。
写真で拝見するより笑顔が素敵で優しさが伝わる素敵なメイドさんでした。
ゆずさんとは、記念にツーショットでチェキを撮ったのですが外にお散歩(チラシ配り)に出るのでチェキへのお絵描きを待って欲しいというので私は快く承諾しました。
 
ゆずさんが外へ出て待っている間に予定していた時間(1時間)を超えてしまい延長することにしました。
ちょうどお腹も空いていたので、オムライスも注文しました。
 
リリアンプリアンには専属のキッチンさんがいて厨房で料理を作ってくれます。

オムライスには確かシュネさんがお絵描きしてくれました。

デミソースのオムライスだったのですがとても美味しくて私が好きな味付けで満足でした。
 
外からゆずさんが戻ってきてチェキにお絵描きをしてくれてこのような可愛いチェキになりました。
リリアンプリアンでは他店と違いステージの横にあるお絵描き台でお絵描きをしています。
@ほぉーむカフェ、アキバ絶対領域でも同じようなことをしています。
目の前で描いてくれて、お話もできるということなないのです。
リリアンプリアンはタブレットを使った会計システムで注文時はメイドさんがスマホで注文を受け付け、会計時はタブレットで注文内容を見せてくれてお客様が確認した上で決済を行います。
なので、入国時間(入店時間)を書いた伝票というものがないので、時間が気になる方はメイドさんに確認する必要があります。
 
こうして2時間ほど滞在しましたが楽しい時間を過ごすことが出来ました。
昼間から営業しているので、平日の昼間からコンカフェに行きたい方にはおススメしたいです。
 
 
 

Original article source:https://ameblo.jp/aino8888/entry-12462142785.html?frm=theme

Our website just crawl all the Japanese bloggers and Translate with Microsoft api. If you have any questions about articles, please ask bloggers who post these articles.

Our website is operated with non-profit. We are always looking for donations through bitcoin, so it would be appreciated if you would like to appreciate our site. Thank you.

■Bitcoin address
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。