Google Translator

映画「名探偵ピカチュウ」(ややネタバレあり)


映画「名探偵ピカチュウ」(ややネタバレあり)

この前の日曜日に映画「名探偵ピカチュウ」を観てきました。この記事にはややネタバレが含まれていますので、ネタバレなしで観たい方はご注意ください。

DSC07035_20190515022242b6b.jpg DSC07036_2019051502224398b.jpg

【作品名】
 名探偵ピカチュウ

【公式サイト】
 https://meitantei-pikachu.jp/

【時間】
 1時間40分程度

【ストーリー】
 退屈_1_2_3_④_5_面白

【映像・役者】
 不足_1_2_3_④_5_充実

【総合満足度】
 駄作_1_2_3_④_5_名作

【感想】
結構お客さんがいて、ヒット映画となっているようです。

さて、この映画はゲーム「ポケットモンスター」シリーズの「名探偵ピカチュウ」をハリウッド映画にしたもので、アニメでなく実写とCGという点がこれまでのポケモン映画と大きく異なります。私はポケモン世代より上なのでそれほど深く知っている訳では無いですが、ポケモンGOはそこそこやってたのでどんなものか観に行ってみました。結論から言うとポケモンについて詳しく知っていなくてもある程度は説明してくれるので、ファン以外の人も楽しめると思います。(勿論、各ポケモンの能力や習性など長年のファンほど楽しめる要素が多いとは思います。)

ここからややネタバレとなりますが、まずストーリーは名探偵というくらいなので謎解き要素があります。と言っても推理するというよりは勘と行動で解決していくような感じなので名探偵コナンみたいなノリではありませんw 一方でちょっと子供には難しい人間関係みたいな話も出てくるかな。割と話自体は初代ポケモン世代くらいの大人向けかもしれません。また、ピカチュウの言動がオッサンっぽいのがこの映画の特徴で、映画「テッド」よりは上品ですが見た目の可愛さとのギャップが笑いを誘います。他のポケモンの性質や能力もストーリーに絡んできますが、今回が実写映画1作目なのでその辺の設定も丁寧に描写していて分かりやすかったです。

続いて映像に関してですが、ぬいぐるみ感とCG感があったものの特に違和感はありませんでした。この辺はリアル過ぎても怖いので、ちょうど良いくらいだと思いますw ポケモンの種類も結構多く出てくるので、ファンには嬉しいんじゃないかな。特に大型のポケモンは迫力ある映像となっていました。また、吹き替え版で観たので声に関しては分かりませんが、役者もポケモンがその場にいるような演技で自然な映像となっていたように思います。この辺もこの映画のクオリティの高さが端的に分かる部分でした。(字幕版のピカチュウの声はデットプールのライアン・レイノルズらしいので、聞きたかった…w)

ということで、予想以上に楽しめる映画でした。アクションあり謎解きありで、観終わった後に納得感がありました。子供にはやや難しいところもあるかも知れませんが、ピカチュウが可愛いという理由だけでも観に行くのもありだと思います。 ポケモンが好きな方には特にオススメの映画です。

おまけ:
それにしても、以前からポケモンのアニメでも思っていましたが、同じ種族が沢山いるのに各自に固有の名前が無いのは何故なんだろう… 犬のことを 犬!って呼ぶみたいなw 

関連記事

Original article source:https://21stcenturyxxxman.blog.fc2.com/blog-entry-2215.html

Our website just crawl all the Japanese bloggers and Translate with Microsoft api. If you have any questions about articles, please ask bloggers who post these articles.

Our website is operated with non-profit. We are always looking for donations through bitcoin, so it would be appreciated if you would like to appreciate our site. Thank you.

■Bitcoin address
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

Translate »
%d bloggers like this: