Google Translator

67日目 辻調理師流?蟹玉丼弁当


67日目 辻調理師流?蟹玉丼弁当

065295bd.jpg
去年一度読売テレビのミヤネ屋で辻調理師講師の林先生の作ったかに玉を弁当に!

あんかけは、ご飯がべちゃべちゃになるんで、食べる直前にかけます~

天津飯って小学校のときすごく好きだったのを思い出します。

近くの中華屋さんの味はまた違っててよかったんですけどね~

今は個人の中華やさんってだんだん辞めてすくなっていますよね~頑張ってほしいものです・・・

「卵ふんわり!本格かに玉」のレシピ

(1)フライパンにサラダ油をひき、中火でたけのこ(30g)・にんじん(20g)を炒めます。

(2)さらに水で戻した干ししいたけ(2枚)を加えて炒めます。

(3)そこにチキンコンソメスープ(200cc)を加えて煮ます。

(4)味付け)調味料は塩(少々)・うま味調味料(少々)・酒(小さじ2)・濃口醤油(小さじ2)・コショウ(白・少々)。

(5)ここで、かに肉(100g)を入れ、ひと煮立ちしたら自然に冷まして置いておきましょう。

☆あん作り
(1) 片栗粉(大さじ2~3)と同割りの水で、水溶き片栗粉を作っておきます。

(2)一方、鍋にチキンコンソメスープ(300cc)を入れます(中火)。

(3)味付け)調味料は塩(小さじ2/3)・砂糖(小さじ1/2)・酒(大さじ1)・うま味調味料(少々)・オイスターソース(小さじ1/2)・濃口醤油(小さじ1)。

(4)ひと煮立ちしたら、水溶き片栗粉。一度に入れずに、とろみの様子を見ながら入れましょう。

☆卵を焼く
(5) 卵(12個/一人分3個)を溶き、そこに青ねぎ(お好み)を加えます。

(6) そこに、冷ましておいた具材を、1人前を取り分け、混ぜ合わせます。

(7) 卵を焼く前に、鍋の横に濡れタオルを用意しておきます。

(8) サラダ油(適量)を中火で温め、そこに箸に卵と具材をまぜた物を少しだけ付けて、サラダ油に中に入れ”ジュッ”という音がしたら焼き頃です。

(9) フライパンを斜めに立ててサラダ油を貯め、そこに卵と具材をまぜた物を入れます。

(10) 素早く混ぜて少し固まって来たら、コンロから外して濡れタオルの上に置き、丸い形に成形します。

(11) 成形したら、再びコンロに。この時、外れやすいようにサラダ油を入れ、さらに揺らしながら焼きましょう。

(12) 全体的に固まってきたら、慎重に返しましょう。

(13) 返したら、皿に盛っておきます。

(14) 一方、先ほど作ったあんを温め直し、風味付けにごま油(大さじ1)を加えたら、かに玉にかけて完成。


お手数ですが1日1度ワンクリックして 頂ければ励みになりますm(_ _ )m

にほんブログ村 料理ブログ 弁当男子へ にほんブログ村

Original article source:http://blog.livedoor.jp/beatandfeeling/archives/10453274.html

Our website just crawl all the Japanese bloggers and Translate with Microsoft api. If you have any questions about articles, please ask bloggers who post these articles.

Our website is operated with non-profit. We are always looking for donations through bitcoin, so it would be appreciated if you would like to appreciate our site. Thank you.

■Bitcoin address
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

Translate »
%d bloggers like this: