Google Translator

河後森城 [1/3] 予土国境に位置するシンプルな造りの中世山城跡


河後森城 [1/3] 予土国境に位置するシンプルな造りの中世山城跡

河後森城(かごもりじょう)は愛媛県の南、伊予と土佐の国境地帯に位置する地元領主の中世山城で、主に戦国時代前半の天文後期(1550頃)から天正中期(1580頃)頃に稼働していたとされる。派手な遺構は無いものの、独立丘陵の中央に位置する谷を囲むようにU字型に郭を配置し、堀切や切岸などで郭を守っている。藤堂高虎が伊予を支配した頃に河後森城の天守相当の大櫓が宇和島城へ移されたという伝承も残る。国指定史跡として発掘に基づく各種復元や説明板が随所に設置され、草刈りも行われており非常に見やすい整備がなされている。JR松丸駅の裏山という駅チカ物件。

<基本データ>
●名称:河後森城 (Wikipedia)
●所在:愛媛県北宇和郡松野町 (地図)
●城主:河原渕教忠?(土佐一条氏系)
●築城:12世紀末?
●遺構:石垣、堀切、郭、井戸跡
●時間:2時間 (1230−1430)
●情報:続日本百名城 No.179 (一覧)

訪問時期:2019年7月
河後森城 訪問記 − 其の一、二、三。


<訪問記>

>> 河後森城 [2/3] へ続く。<<

訪問時期:2019年7月
撮影機器:FUJIFILM X-T20 + XF10-24mm

一番上へ戻る。

Original article source:https://akiou.wordpress.com/2019/08/26/kagomori/

Our website just crawl all the Japanese bloggers and Translate with Microsoft api. If you have any questions about articles, please ask bloggers who post these articles.

Our website is operated with non-profit. We are always looking for donations through bitcoin, so it would be appreciated if you would like to appreciate our site. Thank you.

■Bitcoin address
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。