Google Translator

「映画クレヨンしんちゃん」最新作テーマは“ラクガキ”に決定! 「ラブライブ!」京極尚彦監督がメガホン 『映画クレヨンしんちゃん』の最新作『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』が、2020年のGWに公開される。『ラブライブ!』で知られる京極尚彦監督のもと、「もしも自分の描いた絵が動きだしたら…」という夢の世界が描き出される。 ニュース 2019.8.30 Fri 20:00


「映画クレヨンしんちゃん」最新作テーマは“ラクガキ”に決定! 「ラブライブ!」京極尚彦監督がメガホン
『映画クレヨンしんちゃん』の最新作『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』が、2020年のGWに公開される。『ラブライブ!』で知られる京極尚彦監督のもと、「もしも自分の描いた絵が動きだしたら…」という夢の世界が描き出される。

ニュース

2019.8.30 Fri 20:00

『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2020

  • 『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2020
  • 『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2020

『映画クレヨンしんちゃん』のシリーズ28作目となる最新作『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』が、2020年のGWに公開されることがわかった。
『ラブライブ!』や『宝石の国』で知られる京極尚彦監督のもと、誰もが一度は思い描く「もしも自分の描いた絵が動きだしたら…」という夢の世界が描き出される。

『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2020
『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』ロゴ【画像クリックでフォトギャラリーへ】
『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』は、誰もが一度は思い描く「もしも自分の描いた絵が動きだしたら…」という夢がテーマ。嵐を呼ぶ5歳児・野原しんのすけが、クレヨン1本を手にそんな楽しい世界を描き出していく。

このたび公開された映像に映し出されているのは、遥か上空で逆さに浮く王国“ラクガキングダム”だ。突如迫り来るラクガキングダムに地上の人々が逃げ惑うなか、しんのすけは輝くクレヨンを手に全力でラクガキをしている。


はたしてしんのすけの持っているクレヨンの力とは。そして、救いのヒーロー「ぶりぶりざえもん」が物語の鍵となるのだろうか。
まだまだ謎のベールに包まれており、タイトルの「ほぼ」の意味も気になるところだが、「ラクガキ」と「しんちゃん」というありそうでなかった組み合わせに期待の映画最新作となりそうだ。

今作の監督は『ラブライブ!』や『宝石の国』の京極尚彦、脚本は『婚前特急』や『そこのみにて光輝く』の高田亮に決定。
京極監督は初挑戦の『映画クレヨンしんちゃん』について「完成に向けて、自分もワクワクしながらスタッフ一同頑張っております」とコメントしており、高田は「しんちゃんの予想のつかない言動に私自身も翻弄されながら、自由な発想が最も力を持つことを信じて書きました。観れば誰もが勇者になれる!」と寄せた。
2020年、誰も予想しなかったタッグが放つ新たな『映画クレヨンしんちゃん』に注目だ。

『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』は2020年GW、全国東宝系にてロードショー。

<以下、コメント全文掲載>

【京極尚彦監督】

2020 年の監督を務めさせていただく事になりました! テレビシリーズの演出として以前から参加していたので、不思議とシリーズ初監督という実感はあまりないです。完成に向けて、自分もワクワクしながらスタッフ一同頑張っております。今作はタイトルにもある『クレヨン』が大きな事件を巻き起こします。 空に浮かぶお城の正体とは・・!? ぶりぶりざえもんも登場します! しんのすけとその仲間たちから生まれる新しい物語。どうぞお楽しみに!

【脚本・高田亮】

普段は実写の脚本を書いている私に、この依頼がきたときは正直驚きましたが、普段書けないような奇想天外な物語を書けるチャンスだとも思い、二つ返事で引き受けました。しんちゃんの予想のつかない言動に私自身も翻弄されながら、自由な発想が最も力を持つことを信じて書きました。観れば誰もが勇者になれる!

【シンエイ動画 近藤慶一プロデューサー】

本作は新たに監督として京極尚彦さん、脚本に高田亮さんをお呼びしました! 京極監督のキャラクターの魅力を最大限に引き出す演出は、5歳のしんちゃんにしっかり寄り添い、まるでしんちゃんが、自分の友達の様に思えてくる感覚で新しくも懐かしい気持ちにさせてくれます。高田さんの脚本には、先の読めない展開に読んでいていつも驚かされます。自由奔放なしんのすけが、こちらの意図とは違う動きをする事をご自身が楽しんで書かれている姿がとても印象的です。展開の読めない面白さの連続がしんちゃんと一緒に冒険している感覚でワクワクします。このお二人がタッグを組み「クレヨンしんちゃん」を描く! キャラクターに寄り添う京極監督の演出! 高田さんの描く先の読めないハラハラドキドキな展開! この化学反応を是非とも劇場でごらんください!

『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者』
原作:臼井儀人(らくだ社)/「月刊まんがタウン」(双葉社)連載中/テレビ朝日系列で放送中
監督:京極尚彦『ラブライブ!』『宝石の国』
脚本:高田亮『婚前特急』『そこのみにて光輝く』
製作:シンエイ動画・テレビ朝日・ADK・双葉社
声の出演:小林由美子、ならはしみき、森川智之、こおろぎさとみ、神谷浩史

(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2020

Original article source:https://animeanime.jp/article/2019/08/30/48032.html

Our website just crawl all the Japanese bloggers and Translate with Microsoft api. If you have any questions about articles, please ask bloggers who post these articles.

Our website is operated with non-profit. We are always looking for donations through bitcoin, so it would be appreciated if you would like to appreciate our site. Thank you.

■Bitcoin address
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。