Google Translator

9月12日(木) 大阪・宗右衛門町のメイドカフェ&BAR「グミチョコレートパイン」初潜入・・・

9月12日(木) 大阪・宗右衛門町のメイドカフェ&BAR「グミチョコレートパイン」初潜入・・・

皆さん、こんばんは!昨日は、夏季休暇を利用して、大阪に帰省しました。
高速バスに乗って8時間近くかけて東京から大阪に移動しました。
 
大阪に到着後、まず向かったのは大阪で一番賑やかな地域である難波、道頓堀界隈です。
道頓堀にはドンキホーテの観覧車もあって夜景は華やかです。
平日とは思えないほどたくさんの人が行き交っていました。
さて、道頓堀から宗右衛門町界隈を歩いて、目的のお店である「グミチョコレートパインに向かって歩きました。
 
宗右衛門町は、ご存知の方も多いと思いますが、コンカフェやメイドカフェが集まる日本橋界隈と違い、キャバクラ、ホストクラブ、BAR、スナックなど飲食店が集まる大人の盛り場です。
 
宗右衛門町や心斎橋界隈にはここ1年か2年の間にメイドBARやコンカフェがオープンしています。
グミチョコレートパインさんもその一つで、BARやスナックが入居する雑居ビルの3階にお店はあります。
 
宗右衛門町は夜歩くには少々怖いと思うかもしれませんが、何も起きないし人通りも多いので意外と安全です。但し、キャッチは多いですが・・。
 
そして、グミチョコレートパインさんの入っている雑居ビルに到着。
ビルの玄関にあるテナント紹介にもちゃんとお店の名前がありました。
エレベータで3階に上がり、お店に入ってみます。
恐る恐る扉を開けて入ると、笑顔で4人のメイドさん達が迎えて案内してくれました。
店内はカウンターのみで席数は8席と少なめです。
 
お店の場所、メニュー、メイドさんの紹介、求人内容については下記のホームページをご覧ください。詳しく載っています。
 
 
こじんまりとした感じですが店内は明るく女の子が好きそうな可愛い内装となっています。
席は幸い空いていて、座ることが出来ました。
メイドのアオイさんがおしぼりを出してくれて、メイドの苺さんがシステムを簡単に説明をしてくれました。
 
この日にお給仕していたのは、りんさん、苺さん、Rinaさん、アオイさんでした。
皆さん、美人揃いで驚きましたが、とても気さくな感じでお客様と楽しそうに会話をしていました。
 

アオイさんとは、以前のお店からの顔なじみでした。

前のお店を辞めてから会っていなかったのですが、覚えていてくれて嬉しかったです。
 
お店の事はホームページに載っていますが、チャージ料金が1時間なんと300円という安さです。宗右衛門町はテナント料も安くはないので、この金額で大丈夫かと思うほどでした。
 
ソフトドリンクは500円~、アルコールも800円~とリーズナブルな価格になっています。
キッチンがないので、フードは持ち込み可能ですが別途持ち込み料が500円かかります。
 
メイドさんとシェアして食べることもできますので、ケーキや寿司などをもって行くこともできますし、店から出前を取ることもできます。
 
私はとりあえず、ソフトドリンクのアイスコーヒーを注文。
他にはアオイさんにキャストドリンク、アオイさん苺さんとのツーショットのチェキを注文しました。
 
キャストドリンクは、メニューにあるドリンク価格+300円となっています。
チェキは1枚800円です。(お絵かきあり)
アオイさん苺さんとお話しさせていただきましたが、二人とも笑顔で気さくに話してくれてお店の事など色々と教えてくれました。
 
店内は見慣れないお酒(ブランデーやジン)などもありウィスキーもコンカフェにしては種類が多いです。
 
なんでも店長兼メイド長のことりまるさんがお酒が好きで、気になるお酒があればネットで調べては酒屋さんに発注しているのだとか。
珍しいお酒もあるようで、どのように手に入れているのかと聞くと、飲食店が密集しお酒を扱う店が圧倒的に多い場所柄もあって酒屋さんはお酒の取り揃えが豊富ですぐに用意してくれるのだとか。
 
チェキは、外では撮れないので、店内で撮影します。幸い私の隣席が空いていて二人は交代して座り私とポーズをとって撮影しました。
こんな綺麗なメイドさんと並んで撮れるのは幸せだと感じながら撮ってもらいました。
 
アオイさんとのツーショットチェキです。
チェキでもわかる通り、モデルさんかと思うぐらい綺麗なメイドさんです。

こちらは苺さんです。初めてお会いするのですが腕組みポーズで撮ってもらいました。

とても笑顔が可愛いメイドさんです。

グミチョコレートパインの制服は、秋葉原にあるメイド服専門店「キャンディーフルーツ」製のメイド服で今は販売されていないデザインだとか。
ホームページのメイドさんの紹介ページを見ていただくとよくわかります。
 
紺色を基調とした清楚なメイド服で、胸元のリボンもとても品があるものです。
制服はとても綺麗で、理由を聞くとよくクリーニングに出しているのと予備のメイド服も多数揃えているからだとか。
メイド服が綺麗な状態で維持しているのはお店が清潔に保つことを徹底していることを感じました。
 
メイドさんがとても働きやすい環境のようで、メイドさん達が明るく笑顔でお給仕しているのを見るとこちらも気分よく過ごすことが出来ます。
 
アオイさんは、お酒の電気ブランが好きとのことで、電気ブランに関して割り方や電気ブランの本場、東京の浅草にある老舗BAR「神谷バー」で電気ブランを飲んだ時の感想を聞くことが出来ました。
 
電気ブランの事が話題になったので2杯目は電気ブランをジンジャーエールで割って飲みました。
苺さんと、Rinaさんりんさんともお話しすることができましたが、皆さん積極的に話をしてくれて楽しかったです。
 
メイドさん達と話していて彼女たちから、メイドは容姿だけではだめでお客様と話せてなんぼという言葉が深く印象に残りました。
 
大阪のコンカフェで、メイドさんは可愛い、綺麗、美しいだけでは人気は出ません。
一番の要素はお客様と楽しく会話ができるかというコミュニケーションが大事なのです。
この点は秋葉原より厳しいかもです。
 
その言葉通り、グミチョコレートパインのメイドさんは本当によく話をしてくれるし聞いてくれます。退屈や放置はないので安心して過ごせるのです。
 
今回のお会計金額は、メイドさん3人にキャスドリ、チェキ2枚、ソフトドリンク2杯、お酒1杯でチャージ料金(2時間)込みで5700円ぐらいでした。
秋葉原のコンカフェでの平均価格よりは2000円安い感じでした。
 
こうして2時間ほど滞在しましたが、時間を忘れて楽しむことが出来ました。
私が出発する際には満席になっていて女性のお客様も来店していて、メイドさんの話では常連さんで女性のお客様も多いのだとか。
 
グミチョコレートパインは早くから知っていましたが、もっと早く来ればよかったといつものように後悔しました。
 
これから大阪に帰省する際は必ず行ってみたいと思うお店でした。
初めての方でも気軽に楽しめるしお酒が飲めなくても安心して過ごせますので、是非一度訪ねて欲しいです。
 
 
 
 
 

Original article source:https://ameblo.jp/aino8888/entry-12524647108.html?frm=theme

Our website just crawl all the Japanese bloggers and Translate with Microsoft api. If you have any questions about articles, please ask bloggers who post these articles.

Our website is operated with non-profit. We are always looking for donations through bitcoin, so it would be appreciated if you would like to appreciate our site. Thank you.

■Bitcoin address
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

Translate »
%d bloggers like this: