Google Translator

9月13日(土) 大阪・日本橋 「紅茶屋417(ヨイナ)TEA」さん初潜入・・・

9月13日(土) 大阪・日本橋 「紅茶屋417(ヨイナ)TEA」さん初潜入・・・

皆さん、こんばんは!本日は夏季休暇で大阪に帰省して二日目です。
本日も大阪・日本橋に行って来ました。
 
昼前に実家を出て、日本橋に到着したのは11時半頃です。
まず向かったのは、紅茶にこだわったカフェ「紅茶屋417TEA」さんです。
 
今回紹介するのはコンカフェやメイドカフェではなく純粋のカフェですが紅茶にこだわったお店だとTwitterで知り初めて行ってみることにしました。
 
お店については下記のホームページをご覧ください。
ホームページからはTwitterアカウントにも遷移できますので、そちらでも最新情報を得ることができます。
 
 
南海電鉄のなんば駅から、メイドカフェやパソコンショップ、アニメグッズを扱うお店が集まる通称オタロードを徒歩で移動しました。
お店は、路地裏にお店が密集している場所にあり見つけるのは簡単ではありませんが、歩いていれば見つけることができました。
以前は、電気街らしく部品や道具を扱うお店が軒を並べていますが、今は空き店舗が改装されてカフェや飲食店になっています。
探すこと10分ほどでお店に到着。
元メイドさんの女性オーナーさんが職人さんの手を借りて自分で造り上げたお店で、手作り感が外からも感じられました。
青い扉の横にはチラシと名刺があったので1枚づついただき、扉を開けて入りました。
チラシはこんな感じです。
店内には6席ぐらいのカウンターしかなくこじんまりとした感じでオーナー(店主)さんがメイド服を着て、カウンター内に立っていました
店主さんがメニューの説明を丁寧にしてくださり、インドの三大紅茶(ダージリン、アッサム、ニギル)のみを扱うお店だということでした。
ブレンドせず純粋に一種類の茶葉にフルーツやフレーバーを加えた紅茶を出しているようでした。
 
茶葉はインド政府紅茶局が認定した混じりがなく100%原産地のものであり優れた品質であると認定されたものです。
茶葉は日本向けに加工されているのだとか。日本は軟水を使うので硬水とは違う加工がされているそうです。
 
茶葉は日本でも購入できるようで東京に取り扱い店舗があるようです。
(通販でも購入可)
 
上記のHPの中で缶入り茶葉を紹介(販売)していますが、茶缶のデザインがとてもいいのです。部屋に飾ってもいいと思うほどです。
 
 
他店では紅茶はフランス産、イギリス産のブレンドした茶葉が多いのですがこちらのお店のようにインド産だけの茶葉にこだわったお店は少ないのではないでしょうか。
 
私は季節のフルーツを使ったフルーツティーをいただきました。
今の季節では梨ということでポットには茶葉と梨が入っていました。
梨の甘さと紅茶の良い香りが特徴で今まで味わってきた紅茶とは違ったおいしさでした。
 
フレーバーティーもありますが、メニューには変わったものがあり、コーヒーをブレンドした紅茶があります。
香港などでは飲まれているそうで、とても美味しいそうですが味はコーヒーの味が強めに出るようです。
こんな変わった飲み方もあるのだと初めて知りました。
次回来店した時は、試してみたいと思いました。
 
店主の方にお店の事も色々伺ったのですが、他店にはないようなサービスもされていてびっくりしました。
その一つが、茶葉のキープです。
これは専用の茶缶に好きな茶葉を入れてお店で保管してくれるというものです。
BARでいうボトルキープからの発想ではないでしょうか。
茶葉の鮮度を考えて、保管期限は2か月と短く、期限が切れた茶葉は保管を依頼したお客様に持って帰ってもらうそうです。
 
お店で扱う茶葉は限定されているので、自分の好きな茶葉がある場合、持ち込んで保管してもらうこともできます。
保管料はかかりますが、お店ではお湯代(400円)で紅茶を味わうことが出来るのです。
 
店主さんはとても話しやすく色々と教えていただき、紅茶の味わい方も幅広くなりました。
茶葉も東京で手に入るのであれば、購入して飲んでみたいと思いました。
 
紅茶以外にもケーキや手作りの料理もあるようで、料理はその日によって異なるようなので、店主さんに確認してみてください。
 
店主さんとのお話で、紅茶に対するこだわりと、美味しい紅茶を味わってもらいたいとの思いが伝わってきました。
営業時間も遅めなので、理由を聞いてみたら仕事帰りにでも紅茶を味わってもらえるようにと遅めに設定しているのだとか。
現在の営業時間は夜21時までとなていますが、多少遅くなる場合も連絡があればお店を開けているそうです。
お話を伺って大阪に住んでいたら茶葉をキープして通って紅茶を味わいたいお店だと感じました。
 

 さて、飲み終わったティーポットにはフルーツ(今回は梨)が残っているのですが、取り出して食べることができます。

店主さんから砂糖をまぶして食べると甘くておいしいですよと教えていただき食べてみたらお菓子のように甘くておいしかったです。

砂糖をかけずにそのまま食べてもおいしかったので、このような紅茶もいいなぁと思いました。
 
秋から冬にかけては、リンゴ、冬には苺を使ったフルーツテイーも出るようで、話を伺ってとても美味しそうに思いました。冬に帰省した際に是非、味わってみたいと思いました。
 
美味しい紅茶を味わえるお店で、こじまりとした空間でくつろいで過ごせるので紅茶好きの方には訪ねてほしいお店です。
 
お店のカウンターに置かれていたマグカップを見て、販売しているのか訊ねたら販売しているとのことで、1個購入しました。(2000円です)
 
なかなか可愛いデザインで気に入って買ってしまいました。(^^;)
こうして、1時間弱の滞在でしたが、とてもいいお店に出会えたと感じながら出発しました。
 
紅茶を味会うだけでなく楽しみ方を教えてくれるお店ではないかと思いました。
紅茶の知らない魅力を知ることが出来てよかったと思いました。
 
 
 

Original article source:https://ameblo.jp/aino8888/entry-12524803533.html?frm=theme

Our website just crawl all the Japanese bloggers and Translate with Microsoft api. If you have any questions about articles, please ask bloggers who post these articles.

Our website is operated with non-profit. We are always looking for donations through bitcoin, so it would be appreciated if you would like to appreciate our site. Thank you.

■Bitcoin address
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。