Google Translator

10月6日(日) 秋葉原(末広町)「HandMadeCountryうさぎ日記」にて・・・

10月6日(日) 秋葉原(末広町)「HandMadeCountryうさぎ日記」にて・・・

皆さん、こんばんは! 昼間にブログの記事を更新しましたが、続けて更新していきます。
 
今回は、前回の記事で紹介した「すとろべりーふぃーるず」さんの次に寄ったメイドカフェの
「うさぎ日記」さんです。
 
今回で2回目の来店ですが、1回目は昨年(2018年8月)と1年前でした。
その時に記事を書くタイミングを失していたのです。
1年も空いてしまったのは、私の怠慢でした。
 
さて、今回行くことになったのは、当ブログの記事でも紹介させていただいているメイドリフレの老舗の「フェリシー」さん、湯島にある本とメイドの店「気絶」さんでうさぎ日記さんの事を伺っていました。
 
特にフェリシーさんのメイドさん、メイド長の光(あきら)さんからもうさぎ日記さんの美味しい料理について聞いていました。
野菜を使っていて栄養もあり、食べるお客様の身体の事を考えているとのことでした。
その話を伺っていて、これは再度行って確かめてみなくてはと思ったのです。
 
そして、「すとろべりーふぃーるず」さんに寄った後、足を伸ばして行くことにしました。
 
場所は秋葉原駅から徒歩20分ほど、地下鉄銀座線「末広町」駅から10分ぐらいの場所にあります。コンカフェやメイドカフェがない地域なので、なかなか足を伸ばす方は少ないようです。
 
うさぎ日記さんの詳細について知りたい方は、下記のホームページをご覧ください。
 
公式Twitterはこちらです。
@HMC_usaginikki
※お店の営業時間の変更や最新情報は公式Twitterで確認してください。
 
ホームページにはお店までのルートを写真入りで詳しく書いていますので、迷わずたどりつけると思います。
 
さて、うさぎ日記さんは、2018年4月にオープンして1年半続くお店でうさぎをコンセプトにしていて、可愛いオリジナルメイド服を着たメイドさんが手作りの料理でおもてなししてくれるお店です。
 
お店のオープンは順調だったわけではなく、とても苦労をされていて困難な状況にも遭っています。
その中でオーナーさん達を始め、メイドさん達が協力して作り上げて運営しています。
その事情についてはまた下記に書いていきます。
 
さて、2019年10月6日(日)は湯島にある「すとろべりーふぃーるず」さんを出た後、徒歩でうさぎ日記さんに向かいました。
 
うさぎ日記があるのはマンションの地下部分です。
夜なのでわかりにくいですが、地下へ降りる階段部分です。

案内が貼られています。

こちらもありますので入店前に見ておくとよいかも。

メイドさんのメイド服もこんな感じで可愛いです。

地下に降りてみます。

扉は2重になっていますので、入る時は気をつけてください。
店内は、地下ということでゆったりとして広く、カウンター席、テーブル席も十分にあります。
ステージも他のコンカフェと比べても格段に大きなスペースをとっています。
 
お店に入ると、メイドさんが笑顔で出迎えてくれて、初めてのお客様の場合、入口脇にある壁に掛けてある説明書いた大きな紙?を見ながら丁寧にシステムや店内での注意事項を説明してくれます。
 
詳しくはホームページに書かれているのでここでは割愛しますが、簡単に書くと下記の通りです。
●住所
東京都千代田区外神田6丁目9-8B1
TEL:03-6284-2136
 
●営業時間
月-木17:30~22:30 
金土祝前日18:00~23:00 
日13:00~22:30 
火曜定休
 
●システム
・1時間800円のチャージ料+1時間ごとのワンドリンク制となっています。
・カウンター席は上記のチャージ料金に200円加算されます。
 
●禁煙可否
・店内全面禁煙
 
●店内撮影
 不可。
※但しテーブルの料理やドリンクは可。(メイドさんに事前に声かけを!)
 
●充電、WIFI有無
・充電はカウンター席のみ可。
・WIFIはあり
 
●クレジットカード、電子マネー
・クレジットカードは取り扱い可(VISA、マスター)
・電子マネーは交通系は各種取り扱い出来る模様。
 
この日は、りんご畑イベントでメイドさんがロング丈メイド服を着用してのお給仕でした。
 
りんご畑は何?と思われた方も多いと思いますが、うさぎ日記は、うさぎちゃん(メイドさん)を属性に合わせて4つの畑に分けています。
4つの畑とは下記の通りです。
 

りんご畑

オリーブ畑

かぼちゃ畑

ベリー畑

 
どのような条件でメイドさんを分けているかは不明ですが、畑ごとにイベントを企画して開催しているようです。
 
メイドさん達とは初めての方ばかりで、名前と顔が一致していないので、いつもの記事のようにメイドさんの名前を表記して書いていないことをご了承ください。

この時にお給仕していたメイドさんは9人もいて、お客様はカウンターに3名ほど、テーブル席には女性のお客様が2人いてまったりしていました。

メイドさんの数の多さに驚きつつ、メイドさんにメニューの説明をしていただきました。
どれもが美味しそうな料理の写真が並び選ぶのに困りました。
 
その時に、メイドさんが日替わりの料理があり、身体が温まって美味しいですよと勧めていただきました。
 
せっかくなので日替わり料理を注文し、ドリンクはコーラーにしました。
 
料理が出来るのを待っている間にメイドさんが代わる代わる自己紹介を兼ねて話に来てくれました。
 
その時にうさぎ日記の事を教えてくれて、メイドさんが交代で調理を担当していること。
料理にこだわりを持っていることがわかりました。
 
そして、料理が運ばれてきましたが、家庭的な料理で美味しそうでした。
うさぎさんの人形はインスタ映えするようにメイドさんが持っていたのを貸してくれました。

料理の写真をアップしてみました。

味は、評判通り美味しくてビックリ。
ご飯も美味しく炊けていて、メインの料理(名前を聴いてなかった・・・)と合いました。
フェリシーのメイドさん達が話していたとはお世辞でも過大評価でもなく、正しい評価だったと思いました。

料理が食べ終わってから、ゆっくり過ごしていましたが、遅い時間にもかかわらず常連のお客様が来店していました。

 
メイドさんのロング丈メイド服も珍しいのかチェキも撮っていました。
 
私もメイドさんのチェキを注文したのですが、どのメイドさんでお願いしようかと迷いましたが、
とても出勤がレアな方がいるというので、そのメイドさんで撮りました。
とても綺麗なメイドさんでした。
 
ブログに載せる掲載許可を取っていないので顔は隠しています。
りんご畑のメイドさんなので、りんごを持ったポーズです。

うさぎ日記には大きなステージがあると書きましたが、チェキやブロマイドの撮影もここで行われていて、照明もあるので出来栄えもいいですよ。

 
メイドさん達は、過去のイベントで撮影したブロマイドが収まった厚いアルバム3冊を持って来てくれて見せてくれました。
うさぎ日記は、他のコンカフェと比べてもイベントの数は多いようです。
 
これは私の推測になりますが、新規のお客様より常連さんの来店比率が高いので、通常営業ばかりで飽きられてしまうことがあります。
飽きさせないように色々とイベントを開催することで楽しんでもらえるように工夫をしているのではないでしょうか。
 
うさぎ日記さんは、メイドさんが料理出来るし美味しいのでもっとお客が来店してもいいと思うのですが、やはり立地が秋葉原の中心から離れていることが不利なようです。
あと知名度もまだ浸透していないのかもです。
 
こうして1時間ほど滞在しましたが、メイドさん達がよく話に来てくれて楽しく過ごせました。
また近いうちに再訪して、グランドメニューの料理などを味わってみたいです。
 
秋葉原から少し離れていますが、歩けばすぐの場所なので是非立ち寄ってください。
うさぎさん達の手料理は是非味わってほしいです。
女性のお客様も安心して入れる明るい雰囲気のお店ですよ。
 
【最後に読んで欲しいこと・・・】
冒頭で、うさぎ日記の開業時の事をさらっと書きました。
それに関してお知らせしたいことがあります。
 
うさぎ日記は、現在クラウドファンティングで、姉妹店をオープンする為の開業資金を集めています。
 
うさぎ日記のホームページのトップページの下部にこのような画像があり、上記のクラウドファンティングのページのリンクが貼られています。(公式Twitterから拝借しました)

これはうさぎ日記が順調に運営されて利益が潤沢に出ているからではなく、うさぎ日記を開業時する前から続く困難な状況を克服するためのものです。
クラウドファンティングのページにはうさぎ日記のオープン前の不幸な出来事やお店を安定軌道に乗せるために二店舗での運営体制を選択した経緯が詳細に書かれています。
 
夢を追い求め女性3人で立ち上げた素敵なお店、「うさぎ日記」を支えていく為に協力(応援)したいと思う方は是非参加してみてください。
 
自分の理想とするお店をオープンしたいとは誰もが思いますが、その実現とお店の維持はとても困難なものです。
飲食店は起業してから生き残るのが難しい業種で3年以内に廃業する率が他の業種より高いのです。
 
秋葉原も同じくコンカフェも3年も続かず閉店する店、4年続いても閉店する店など珍しいことではないのです。
小さなお店のオーナーさん達は大きなリスクを背負いながら、日々経営努力を重ねてお店を持続させようと日々奮闘しています。
 
私は、このように秋葉原で小さいながらも夢を追い求め、実現に向けて頑張るオーナーさん、メイドさん達を応援したいと思います。なので当ブログ記事で紹介させていただきました。
 
クラウドファンティングなので、リターンの商品やサービスがあります。
販売されていない写真集やお店を貸し切ることができる特典、Tシャツ、ブロマイドなど出資に応じて様々なリターンが用意されています。
是非検討してみてください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Original article source:https://ameblo.jp/aino8888/entry-12534962215.html?frm=theme

Our website just crawl all the Japanese bloggers and Translate with Microsoft api. If you have any questions about articles, please ask bloggers who post these articles.

Our website is operated with non-profit. We are always looking for donations through bitcoin, so it would be appreciated if you would like to appreciate our site. Thank you.

■Bitcoin address
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。