Google Translator

声優・小林ゆう、エルキドゥとキングゥは“違うキャラクターを演じる気持ち”「FGOバビロニア」インタビュー 10月より放送・配信されているアニメ『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』。スマホ向けRPG『Fate/Grand Order』第1部7章という、第1部における最長シナリオをアニメ化した本作は、連続2クール・全21話で物語が展開されている。 AbemaTIMESでは、本作… ニュース 2019.11.30 Sat 17:30


声優・小林ゆう、エルキドゥとキングゥは“違うキャラクターを演じる気持ち”「FGOバビロニア」インタビュー
10月より放送・配信されているアニメ『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』。スマホ向けRPG『Fate/Grand Order』第1部7章という、第1部における最長シナリオをアニメ化した本作は、連続2クール・全21話で物語が展開されている。 AbemaTIMESでは、本作…

ニュース

2019.11.30 Sat 17:30

声優・小林ゆう、エルキドゥとキングゥは「違うキャラクターを演じる気持ち」 アニメ『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』インタビュー

  • 声優・小林ゆう、エルキドゥとキングゥは「違うキャラクターを演じる気持ち」 アニメ『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』インタビュー

 10月より放送・配信されているアニメ『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』。スマホ向けRPG『Fate/Grand Order』第1部7章という、第1部における最長シナリオをアニメ化した本作は、連続2クール・全21話で物語が展開されている。

 AbemaTIMESでは、本作のキーパーソンとなるキャラクターであるキングゥ(エルキドゥ)役を演じる声優・小林ゆうにインタビューを実施。人格の異なる二人のキャラクターを演じるうえで大切にしていることや、エルキドゥの“盟友”であるギルガメッシュへの想いを聞いた。


ーー 小林さんはスマホ向けRPG『Fate/Grand Order』の収録も含めると、2016年からエルキドゥ役を演じられていますね。

小林:オーディションを受けさせていただきエルキドゥさんを演じることになり、そこから定期的にゲームの収録をさせていただいているのですが、その度にエルキドゥさん、キングゥさんのさまざまな表情や新たな一面を知ることができてうれしいです。そのことをうれしく思いながら、毎回精一杯演じさせていただいております。

ーー エルキドゥとキングゥをそれぞれ演じる際に意識されていることはありますか?

小林:私の中でエルキドゥさんとキングゥさんは別の人物として捉えさせていただいています。エルキドゥさんはもともと兵器として造られ、そこからギルガメッシュさんとかけがえない大切な時間を過ごしてきた方です。

一方で、キングゥさんは別の想いを持って誕生していらっしゃるので、違うキャラクターを演じる気持ちで収録に臨ませていただいています。


ーー 二人のキャラクターの人格を大切にされているんですね。TVアニメ『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』Episode 1では、キングゥがエルキドゥを装って登場しましたが、そこからの変化も印象的でした。

小林:Episode 1は、“エルキドゥさんに見えるように装ったキングゥさん”というお芝居をしてご登場されますが、そこからEpisode 2でマーリンさんに見破られ、キングゥさんの本性が出てきて。あのシーンは私もすごく好きなシーンです。

キャラクターそれぞれのセリフに重みがあるので、とても印象的で大切なセリフばかりです。そのぶつかり合いは見どころの一つだと思います。ストーリー、映像、音楽すべてが素敵なので、ぜひ1話も欠かさずにご覧いただきたいです。


ーー 各キャラクターを演じるキャスト陣もとても豪華ですよね。アフレコ現場はどんな雰囲気ですか?

小林:本番のときは『Fate/Grand Order』の世界観の中、生死をかけた、自分の命もいとわない覚悟でキャストのみなさまもアフレコをしていて、張り詰めた素敵な緊迫感に包まれています。

本番が終わって休憩時間になると、また違った雰囲気になって和気藹々と和やかです。藤丸立香役の島崎信長さん(※「崎」は正しくは立つ崎の字)が『Fate/Grand Order』にとても詳しいので、いろいろなお話をしてくださったり、みなさんで作品についてお話をしたり。緩急のあるとても素敵な現場です。

アニメではキャストのみなさんと一緒にかけ合いをさせていただくのですが、そこで初めてのキャッチボールをする中で、また新たに生まれてくるものが貴重で、贅沢で。そのことを毎回ありがたく噛みしめながらお芝居をさせていただいております。

“揺るがない王” ギルガメッシュの存在感


ーー 今回のアニメではシリーズ屈指の人気キャラクターであり、エルキドゥの盟友でもあるギルガメッシュ(CV:関智一)にスポットが当たっていますが、小林さんはギルガメッシュの魅力をどんなところに感じますか?

小林:ギルガメッシュさんはエルキドゥさんを語るうえでも欠かせない人物で、とても大切な方だと思っております。

『絶対魔獣戦線バビロニア』では人々を束ね崇められている存在なので、とても強大な印象なのですが、人望もあり、言葉の端々から“王”としての人柄や魅力がにじみ出ていて、みなさんから慕われている理由がわかります。

そして関さんが演じていらっしゃるからこそ、ギルガメッシュさんの素敵なところが余すことなく引き出されているのだとアフレコの際にすごく感じます。


ーー 気遣い上手なイメージの関さんとギルガメッシュの性格のギャップも観ていて面白いなと感じます。

小林:普段の関さんはとても楽しくて朗らかな方なんですけど、マイク前に立たれたときの関さんは、まごうことなきギルガメッシュさんなのだと感じます。

アニメ化する以前に関さんと二人だけで収録をさせていただいたことがあったのですが、そのときのギルガメッシュさんの“揺るがない王”の姿が今でも印象に深く残っています。

一期一会のすべての出会いが「唯一無二の大切な存在」


ーー ギルガメッシュはエルキドゥのことを「唯一無二の友」と呼んでいますが、小林さんが普段の生活やお仕事の中で大切にされている関係性はありますか?

小林:家族はもちろんですが、やはりお仕事をさせていただくうえで、お世話になっているみなさまです。自分を支えてくださるスタッフのみなさま、共演者のみなさま、作品や役を通して出会うみなさまとの関係性ですね。そこで出会った方々と魂を込めて、一つのものを作らせていただいています。

作品の視聴者の方々やファンのみなさまとは直接お会いする機会はなくとも、作品を見て応援してくださったり、お手紙をくださったり本当に励ましていただいて感謝しております。そういった一期一会のすべての出会いが私にとって唯一無二の大切な存在です。


ーー 最後にファンのみなさんへメッセージをお願いします。

小林:作品を毎週楽しみにしてくださっているみなさま、本当にありがとうございます。「この先どうなっていくんだろう?」と、ドキドキハラハラしながらもご覧になっていただいたら、大変幸せに思います。この先も一瞬も見逃せないストーリーとなっています。

キャラクターひとりひとりにドラマがあり、譲れないものや抱えているもの、自分の生き方があって、それがぶつかり合う。命をかけることもいとわない、そんな覚悟を持って、私たちキャスト陣もアフレコに臨んでいます。

そういった戦いの中で、今後すごく辛いことがあったとしても、表裏一体となっている光り輝く魅力がたくさんあるので、目を逸らさず、キャラクターに寄り添ってご覧いただけたらうれしいです。

私も精一杯エルキドゥさんとキングゥさんを演じてまいりたいと思います。素敵なキャラクターのみなさまが沢山いらっしゃいますが、もしよろしければ、キングゥさんにも寄り添っていただける方がいらっしゃいましたら、とてもありがたいです。全21話ございますので、最終話まで1話も欠かすことなく一緒に旅をしていただけたらと思います。

(取材・構成・撮影:吉野庫之介)

(C)TYPE-MOON / FGO7 ANIME PROJECT

Original article source:https://animeanime.jp/article/2019/11/30/50063.html

Our website just crawl all the Japanese bloggers and Translate with Microsoft api. If you have any questions about articles, please ask bloggers who post these articles.

Our website is operated with non-profit. We are always looking for donations through bitcoin, so it would be appreciated if you would like to appreciate our site. Thank you.

■Bitcoin address
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。