Google Translator

第349回:天筒山城(織田 VS 朝倉 金ヶ崎の戦いへ)


第349回:天筒山城(織田 VS 朝倉 金ヶ崎の戦いへ)

訪問日:2019年11月

天筒山城(てづつやまじょう)は福井県敦賀市にあったお城です。
手筒城・天筒城・手筒山城とも呼ばれます。
建武年間の1336~1338年の2年間 後醍醐天皇方の勢力と足利尊氏方の勢力との間でし金ヶ崎城をめぐり激しい争奪戦が繰り広げら時に尾根続きで支城であった天筒山城は足利方が陣を敷いたようです。
れました。
戦国時代に入り1570年金ヶ崎の退き口(かねがさきののきぐち)として知られる織田信長の撤退戦は,織田軍が朝倉軍の寺田采女正が守備する天筒山城を落とし,主将であった朝倉景恒を降し金ヶ崎城を制圧したところから始まります。
直後に信長は同盟者であった浅井長政の裏切りにあい,挟み撃ちを回避するため撤退を決定します。
この時に羽柴秀吉,明智光秀,池田勝正 等が殿軍を務め活躍したこともあって信長は無事に京に逃げ帰ることが出来ました。

天筒山城/01北曲輪.jpg  天筒山城/02北曲輪内部.jpg
金ヶ崎城一の木戸跡より尾根筋を進んでいきますと,特に説明もありませんが左手に曲輪群が現れます。天筒山城の北曲輪群です。
●内部は整備されておらず,削平も比較的甘いようです。

天筒山城/27案内.JPG
現地にあった案内板に矢印を書き込み今回のルートを示しています。

天筒山城/03堀切1.jpg  天筒山城/04永源寺登山道堀切.jpg
●さらに尾根筋を進みますと登山道沿いの左手に写真のような堀切と思われる遺構がありました。
●その先には永厳寺に下りる分岐点があるのですが,これもどうやら堀切道のような雰囲気です。

天筒山城/05堀切2.jpg  天筒山城/06クマ注意.jpg
●右手(永厳寺方面)に下りず左手に向かい,引き続きに尾根筋を進みます。
登山道整備されていますが,堀切竪堀のセットの中を登山道が通っていると思われます。

天筒山城/07展望台方面.jpg  天筒山城/08主郭群.jpg
●進んでいきますと,天筒山展望台付近の人工物が見えてきました。
●展望台を含むこの辺りが主郭群で,来た方角を振り返ると北東側に伸びる尾根の曲輪群

天筒山城/09主郭群北1.jpg  天筒山城/10鉄塔へ.jpg
主郭北東の曲輪群に突入してみました。あまり整備はされていないようですが,人の通った感じはあります。
●さらに奥にも道が続いています。

天筒山城/11鉄塔曲輪.jpg  天筒山城/13展望台.jpg
●鉄塔のある曲輪に到着しました。補修のために人が通っていたようで,この尾根には3つほどの主要な曲輪を確認しました。
天筒山展望台のある巨大な削平地は主郭群の中心と考えられます。

天筒山城/12眺望.jpg  天筒山城/14主郭.jpg
●展望台から敦賀湾を望む。 右の尾根続きには金ヶ崎城が良く見えます。
支城とされる天筒山城の方が標高も高く城郭としても巨大なんですよね
●主郭部は公園整備によりどこまでが実際の広さであったのかは判別できません。

天筒山城/15分岐地点.jpg  天筒山城/16南東方面へ.jpg
●主郭部を越えてさらに南に進みますと分岐地点に当たります。
直進は天筒入口に下りていく登山道で多くのハイキング客はこのルートを使っているようでした。
左折し南へ向かう道は中池見 人と自然のふれあいの里へ続くのですが,距離が長いせいか人はほとんどいませんでした。
●左折すると南東尾根に残された遺構があるので進みます。

天筒山城/17遺構案内.jpg  天筒山城/18郭1.jpg
●遺構の存在を示す案内板。
●少し進むと道沿い左手に郭1と案内がありました。
曲輪跡があるようですが内部は整備されていないません。

天筒山城/19南堀切1.jpg  天筒山城/20切岸.jpg
●登山道の窪みは堀切跡(堀切1)で,先の東屋のある削平地は曲輪跡です。
●東屋のある曲輪の斜面は造成された切岸となっています。

天筒山城/22郭2.jpg  天筒山城/21南端舞崎遺跡.jpg
●さらに進むと,数段になった分かりやすい曲輪跡が出現します。
●この曲輪跡の南に伸びる尾根にも南曲輪群の遺構があるようですが,全く整備されておらず侵入はできなようです。
この南尾根には戦国時代の天筒山城の遺構の他にも弥生時代、古墳時代、奈良時代、平安時代の遺跡が見つかっており舞崎遺跡と呼ばれています。

天筒山城/23南堀切2.jpg  天筒山城/24南堀切3.jpg
●さらに南東尾根を進みます。階段前の少しの窪みが堀切(堀切2)のようです。
●この堀切3と案内された堀切で引き返しました。

天筒山城/25山の神神社.jpg  天筒山城/26永源寺出口.jpg
●分岐に戻り天筒入口方面に向かいますが,途中でさらに山側面を北に向かう道を進みました。
写真は途中にあった山の神神社
●最後は永厳寺横の入口に下りてきました。

信長の撤退戦で有名な金ヶ崎の戦いの開始当初 織田軍が攻略した金ヶ崎城の支城です。
遺構が分かりやすいとは言えませんが,本城の金ヶ崎城からハイキングを兼ねて縦断するのがお勧めですよ。


大きな地図で表示


お城巡り ブログランキングへ

にほんブログ村 歴史ブログ 城・宮殿へ
にほんブログ村


FC2 Blog Ranking

関連記事

Original article source:http://tkonish2.blog.fc2.com/blog-entry-372.html

Our website just crawl all the Japanese bloggers and Translate with Microsoft api. If you have any questions about articles, please ask bloggers who post these articles.

Our website is operated with non-profit. We are always looking for donations through bitcoin, so it would be appreciated if you would like to appreciate our site. Thank you.

■Bitcoin address
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。