Google Translator

1月11日(土) 秋葉原の老舗メイドカフェ「メイリッシュ」にて・・・・

1月11日(土) 秋葉原の老舗メイドカフェ「メイリッシュ」にて・・・・

皆さん、こんばんは! 桃太郎です。今日は秋葉原に行って来ました。
午後から歯科医院での治療があり、終えてからメイドカフェ「縁浪漫館」「ラビドール」を経由して、秋葉原の老舗メイドカフェ「メイリッシュ」に入りました。
令和2年初の帰宅になります。
 
メイリッシュでは、名古屋のメイドカフェ「パレットメイドカフェ」と制服交換イベントを2020年1月11日(土)から1月18日(土)ま開催しています。
 
メイリッシュパレットメイドカフェについて詳しく知りたい方は下記のHPをご覧ください。
 
メイリッシュさんは昨年から通い始めましたがクラシカルなメイド喫茶で、メイドさんのお給仕も丁寧で、美味しい紅茶と料理があり長く通う常連さんも多いです。
全国的に知られたお店で地方からも通う方もいます。
 
パレットメイドカフェは、名古屋のメイドカフェでJR名古屋駅から徒歩10分ほどで行ける便利なお店です。
メイド服はクラシカルなスタイルのロングメイド服を採用していて、メイドさんは個別にシンボルの色が決まっていて胸元にはメイドさんのシンボル色のリボンをつけています。
パレットメイドカフェは、クラシカルなイメージと思われる方が多いです。
お店に行ってもらえばわかりますが、クラシカルではなく、店内装飾もシンプルで自由な空間に包まれています。
秋葉原のメイドカフェに通っている人ならきっと驚くこと間違いないほど簡素な内装なのです。
 
店名にもあるように、お客様同士、そしてメイドさんが交わることで多彩な色(個性)を出してもらいたいというコンセプトでテーブルが他店に比べてデカいのも特徴です。
 
オーナーさんも気さくで自由な発想を持っていて、メイドカフェ大好きという方なので他店にはない独特な雰囲気があります。
毎年のコミケでは、メイドカフェの同人誌を発行し好評を得ています。
昨年の冬には、「メイドカフェの作り方」を発行し、メイドカフェ・コンカフェオタクからは高い評価を得ています。
メイドカフェの作り方を一から丁寧に解説していて、メイドカフェをこれから開きたいという方にはとても参考になる同人誌です。
 
もし気になる方は、こちらで購入ができます。(通販)
 
パレットメイドカフェはそんなオタクのオーナーが運営するお店なので、オタクに喜ばれる料理も多く、量が多いだけでなく、美味しいので名古屋のオタクの食堂と言われています。
常連さんが言うようにメイドカフェに似せた居酒屋というのが正しい形態ではないかと思いました。
秋葉原にはない面白くて居心地の良いお店なので、名古屋にお越しの際は立ち寄ってほしいです。
 
さて説明はこれぐらいにしてさっそくイベントのことを書いていきます。
店前のブラックボードには、制服交換イベントの案内が貼られていました。
店に入ったのは午後3時半でしたが、カウンターやテーブルには多くの常連さんや新規のお客様が座っていていました。
 
私は奥の窓際のテーブルに座りました。
そして、メイドさんから限定メニューの案内をしてもらいました。

こちらが限定メニューが書かれたホワイトボードになります。

せっかくなので、名古屋名物「みそ煮込みきしめん」パレットカクテルを注文しました。
メイドさんから色は何にしますか?と聴かれて一瞬戸惑いました。
カクテルを注文するときは、ボードの左上に貼られている色(全6種)から選ぶことになっています。
これはパレットメイドカフェのメイドさんの色で、色を指定することで、その色をシンボルにしているメイドさんのオリジナルカクテルを作っているのだと思いました。(私の推測ですが・・・)
私は今回はイエローにしました。
 
待っている間にパソコンを開けてブログ書く準備を始めていたら、店内ではメイドさんがお客さんとパレットメイドカフェについて会話していました。
メイドさんが、twitterでみていたパレットメイドカフェの写真を話題にしていて、ストーブの上で
エノキタケを焼いていることや、牡蠣を焼いていることを近くで聴いていてパレットメイドカフェのことを紹介していると思いました。
 
メイドの三日月今宵さんとも新年のあいさつをしてパレットメイドカフェについて会話しましたが、クラシカルなメイドカフェのイメージを持っていたことに驚きました。
メイド服だけを見ていれば、名古屋のsecretchamberや東京・池袋にあるワンダーパーラーさんのようなクラシカルなメイド喫茶を思い浮かべても仕方ないです。
 
そしてしばらく待ってパレットメイドカクテルが運ばれて来ました。
甘く爽やかなカクテルをいただきながら、待っていると「味噌煮込みきしめん」が運ばれてきました。
大きなしいたけと温玉、かまぼこが載っていいました。

味噌の汁も濃厚で美味しくきしめんのもちもちした食感もよく美味しくいただきました。

食べ終わった頃に常連や新規のお客様もたくさん来店し賑わってました。
 
そして追加で、メイドの三日月今宵(こよい)さんあの氏さんのソロチェキを注文しました。
 

こちらが今宵(こよい)さんのソロチェキです

こちらが、あの氏さんのソロチェキです。
写真に撮った場所が今宵さんとは違って暗いので暗めになっているのはご容赦ください。
こちらは、限定メニューを注文した時にもらえるラミカです。

こちらのチェキやラミカは、メイドの今宵さんあの氏さんの了承を得て掲載させていただいてます。

 
こうしてパレットメイドカフェのメイド服を着た素敵なメイドさん達を見ると、名古屋のパレットメイドカフェに来たのかなと錯覚を感じました。
 
メイリッシュのお客さんの中にもパレットメイドカフェの名前が少しづつ浸透していくと思います。
このイベントを通じて名古屋には「パレットメイドカフェ」がある、名古屋のご主人様、お嬢様達には秋葉原には老舗のお屋敷「メイリッシュ」があると認知されていくのではと思いました。
 
1時間半ほどの滞在でしたが、美味しいきしめんとカクテルを味わうことができて、メイドさんのチェキが撮れて満足しました。
 
イベントはこれから1週間続きますので、秋葉原にお越しの際は、是非立ち寄って欲しいです。
 
 

 

Original article source:https://ameblo.jp/aino8888/entry-12566230419.html?frm=theme

Our website just crawl all the Japanese bloggers and Translate with Microsoft api. If you have any questions about articles, please ask bloggers who post these articles.

Our website is operated with non-profit. We are always looking for donations through bitcoin, so it would be appreciated if you would like to appreciate our site. Thank you.

■Bitcoin address
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。