Google Translator

2月1日(土) 板橋のオカエリハウスから湯島の気絶へ

2月1日(土) 板橋のオカエリハウスから湯島の気絶へ

皆さん、こんばんは。今日は夜から出動し、板橋にあるオカエリハウスに寄り、晩ご飯を食べて来ました。

オカエリハウスは、ゲストハウス、シェアオフィス、メイドカフェが融合した施設です。板橋駅から徒歩5分の便利な場所にあり、都内に出るのも楽です。
宿泊以外でも、カフェの利用は可能です。
カフェを利用するにはドリンクとフードそれぞれ1品を注文するか、ドリンクを1度に2品を注文し、40分ごとに1オーダーを注文するシステムになっています。チャージ料金がないので格安でメイドカフェを利用できるのです。
さて、今回ジンジャーエールとハンバーグカレーを注文しました。
メイドはあすかさん、ポポさん、新人さんでした。
2月からオカエリハウスの営業内容が変わったことを話題にして会話しました。

モーニングが土日祝で、カフェは日曜日は休みになりました。

やはり、平日の集客は厳しいようで人件費削減はやむなしと思いました。
駅前でメイドさんもチラシ配りをしていますが板橋ではメイドカフェに通う人は少なく、効果は薄いようです。
メイドさんの提案で、空き時間にshowroomでの配信を行い宣伝しているようです。  
他には、YouTubeバーを利用した宣伝もしています。
メイドさんの話を聴いて、頑張っているメイドさんの為に宣伝しなければと思いました。
メイドさんがお店の事を考えて提案など積極的に動いていることでメイドさんがオカエリハウスに愛着を持っていることを感じました。
何か彼女達の頑張りをサポートできる事はないかと思いましたが、やはり口コミで存在を知っていただくしかないかと自分の微力を感じました。
ハンバーグカレーをいただきました。

他のお客さんとも会話しながら楽しく過ごしました。メイドさん達は明るく笑顔で話してくれて、こんなに話せてお金がかからないのにお客さんが来ないのは宣伝が足りないからなのかと思いました。


ポポさんは、京都、大阪、奈良に観光に行ったとのことでお土産の一味唐辛子入りポッキーを分けてくれました。
お酒のおつまみに最適なポッキーだなぁと思いました。

さて時間を忘れて楽しめるお店ですが、20時からは湯島の気絶に行く予定がありましたので、1時間経たずに名残を惜しみつつ出発しました。

あすかさん、ぽぽさんが手を振って見送ってくれました。

JRの板橋駅から池袋経由で御徒町駅まで移動しました。

御徒町駅で下車して、徒歩10分ほどで到着。
気絶の入っているビルの前には気絶の看板があるのですが、完全予約制の額がついてました。

2月1日は、気絶で『サナトリウム リリウム気絶』が行われてました。

こちらが気絶の公式Twitterで公表されていたメニューです。

完全予約制となってますので入れないということはなくなりました。

欲しくなる物がリーズナブルな価格で販売されてます。

6階に上がるとまだエレベーター前には誰もいませんでした。予約していた4部は20時からで5分前に集合との公式Twitterでのツイートがあり、来たのです。

扉にはいつもと違った額が掲げられてました。

額にはリリウム気絶の文字がありました。

しばらくして、予約していたお客さんが集まり狭いエレベーターホールは満杯になりました。
開店準備で店内からは賑やかな声が漏れて聞こえて来ました。

店内からは白衣にナースキャップを着けたるなさんが出て来て待っている私達の話し相手になってくれました。
待たせているお客さんの事を気遣ってくれて嬉しかったです。
20時になり4部がオープンし案内は一人づつとなりました。
私は2番目に案内されて、カウンターに座りました。テーブル席は相席になってました。
こちらがメニューになってます。内容は上記の画像と同じになります。
私は通院コースを予約していたので、オリカクがすぐに用意されました。
今回は、お客さん全員のドリンクとフードの注文が優先されて缶バッジやブロマイドやチェキの注文は後回しになってました。

オリカクは注射を注入する部分は動画撮影可とのことで撮影しました。

店内には、1部から4部まで通しているお客さんや遠距離からわざわざ来ている方もいて、気絶の知名度の高さを感じました。

カウンター内では、カガリさん、マリーさんまゆぱすさんがドリンクやフードのセッティングに忙しく動いてました。

カガリさんは、私がイベントに来ていることに不思議な感じに思われたようでなぜイベントに来たのか訊ねてきました。

私のことをよく知る方は、わかっていると思いますが、私は賑やかになる混雑するイベントが苦手で避けていました。

静かな落ち着いた空間が好きな私は、お祝いしたいメイドさんのイベント以外行く事は少ないのです。その理由で気絶の前回イベントは参加しませんでした。

今回は、メイドさん達がブロマイド撮影など準備を頑張っていたので、白衣姿を見たかったからです。

常連の客が多く、自然と店内は賑やかさを増していきました。
メイドさん達も長い時間お給仕しているにもかかわらず笑顔で、明るい声で話しかけてくれて楽しかったです。

そしてドリンクやフードの注文が落ち着いたところで考えた注文を伝えました。

缶バッジは頼まれた分、あと配布用として3セット注文。
缶バッジは、4種類あります。
メイドさんからこんなに買った人はいないと言われました。😅
ドリンクは、2杯目以降は注文なんで、ホットコーヒーを注文しました。

店内では、シャンパンを開ける人もいて、メイドさん達と乾杯して賑やかさも一層高まりました。


私はというと他の客と会話も少なく、ただスマホでブログを書いてました。

私自身がコミュ障なので自分から話しかけていくことが出来なくて、静かに浮いた感じになってました。😥

メイドのるなさん、カガリさん、まゆぱすさんは気にかけて話かけてくれたのは嬉しかったです。

あとブロマイド2枚6種あったのを注文しコンプリートしました。

こちらがブロマイドです。
2枚セットなので合計12枚あります。
今回は半分だけ載せてます。

カガリさん、るなさんさんとそれぞれツーショットのチェキも撮りましたが、お二人とも綺麗なメイドさんなので緊張してしまいました。(^◇^;)
伝票を見ると知らない間に1万5千円になってました。
イベント専用のポイントカードがあり、1ポイントは千円で付与されるので1枚満了しました。
ポイントカードも可愛いデザインでした。

15ポイント貯まると、特典全部もらえて、冊子をいただきました。

二人のメイドさんの動画か一人のメイドさんの音声か選べて、私はまゆぱすさん、カガリさんペアの動画にしました。
またブロマイドセットもいただきました。
特製冊子はなかなか素敵な写真が納められていて見応え十分でした。

気絶で、それも気絶のイベントでこんなに使うのは初めてでした。


それだけ欲しくなる物ばかりだったのです。

私は22時には出発しましたが、るなさん、カガリさんが見送りしてくれました。

お二人とも優しい笑顔で手を振って送ってくれて、気分よく出発できました。

リリウム気絶は、予想以上に良かったと思いました。
お客さんも楽しめたので大成功したのではと思います。
メイドさん達も長い時間のお給仕お疲れ様でした。
ゆっくり休んで欲しいです。
【ここからは個人的な独り言です】
今回振り返ってみて、気絶に来て良かったと思えるイベントでした。
少しだけ私の個人的な要望があるとすれば騒がし過ぎていたお客様の声のトーンを抑えて欲しかったことでした。
お客さんの過ごし方も多様で、静かな雰囲気を味わいたい方もいるはずです。メイドさんには、せめて騒がしいお客さんには声のトーンを少し落としてもらえるような配慮をしてもらいたかったのです。
気絶は居心地の良いお店というのが特徴であります。騒がしいのも良いのですが、終始そうであるなら聞いている方は疲れてしまいます。

楽しいイベントなのでつい声のトーンが上がる、会話が弾むのも理解できるし、無理に静かにする必要はありません。少しだけ配慮して欲しいなと思っただけです。
この場で言いたかったのは、イベントに参加している人には私のような人もいることを頭の片隅に置いてもらえたらということです。




Original article source:https://ameblo.jp/aino8888/entry-12571972310.html?frm=theme

Our website just crawl all the Japanese bloggers and Translate with Microsoft api. If you have any questions about articles, please ask bloggers who post these articles.

Our website is operated with non-profit. We are always looking for donations through bitcoin, so it would be appreciated if you would like to appreciate our site. Thank you.

■Bitcoin address
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。