Google Translator

舞子台場 : 明石海峡を挟み撃ちするために築かれた砲台跡。


舞子台場 : 明石海峡を挟み撃ちするために築かれた砲台跡。

舞子台場(まいこだいば)は、幕末期に頻繁に来航する外国船からの脅威に備えるため明石藩によって築かれた砲台跡。明石海峡の対岸に位置する淡路島北端部にも同様に徳島藩築造の台場群が築かれており挟撃を想定していたが、一度も実戦で使われることはなかった。当時海軍の軍艦奉行だった勝海舟が設計したと伝わる。土ベースの台場が多い中、舞子台場は総石垣造りだった。発掘調査の結果 地中に石垣の一部が現存していることも判明している。現在は西半分ほどの側面石垣が岩壁に使われ、また発掘で出てきた天端石垣の一部が展示されている。

<基本データ>
●名称:舞子台場 (Wikipedia)
●所在:兵庫県神戸市垂水区 (地図)
●城主:松平慶憲 九代目明石藩主
●築城:文久三年(1863)
●遺構:石垣
●時間:10分 (1610−1620)

訪問時期:2020年7月


<訪問記>

訪問時期:2020年7月
撮影機器:FUJIFILM X-T20 + XF10-24mm

一番上へ戻る。

Original article source:https://akiou.wordpress.com/2020/07/11/maiko-daiba/

Our website just crawl all the Japanese bloggers and Translate with Microsoft api. If you have any questions about articles, please ask bloggers who post these articles.

Our website is operated with non-profit. We are always looking for donations through bitcoin, so it would be appreciated if you would like to appreciate our site. Thank you.

■Bitcoin address
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。