Google Translator

無料&定額のアニメ動画配信サービス比較 基本料金やダウンロード機能は?【9月1日更新】 「ABEMA」「Amazonプライム・ビデオ」「dアニメストア」…独自コンテンツの配信で、さらなる盛り上がりを見せる動画配信サービス。 アニメ!アニメ!では、“アニメを見るための動画配信サービス”という目的に絞って、おすすめの配信サイトをこちらでご紹介します。 ニュース 2020.9.1 Tue 20:38


無料&定額のアニメ動画配信サービス比較 基本料金やダウンロード機能は?【9月1日更新】
「ABEMA」「Amazonプライム・ビデオ」「dアニメストア」…独自コンテンツの配信で、さらなる盛り上がりを見せる動画配信サービス。
アニメ!アニメ!では、“アニメを見るための動画配信サービス”という目的に絞って、おすすめの配信サイトをこちらでご紹介します。

ニュース

2020.9.1 Tue 20:38

無料&定額のアニメ動画配信サービス比較 基本料金やダウンロード機能は?【9月1日更新】

  • 無料&定額のアニメ動画配信サービス比較 基本料金やダウンロード機能は?【9月1日更新】

パソコンやスマホ、タブレットなどで、今やネット環境さえあればどこでも簡単に映像コンテンツが見られる動画配信サービス。
これまでもテレビの見逃し配信や過去作の放送など、何かと便利なサービスでしたが、最近では特別版やオリジナルコンテンツの配信などによって、その注目度はますます高まっています。でも、いざサービスに加入しようと思っても、数が多くてどれを選べばいいのか迷ってしまいがち。

そこでアニメ!アニメ!では、“アニメを見るための動画配信サービス”という目的に絞って、「無料か定額か」、「アニメ専門系かアニメ以外も見たいのか」の2つのポイントから、あなたに合ったおすすめの配信サービスをこちらでご紹介します!

1.無料で見たい!老舗から新サービスまで、基本料金無料の配信サイト

ABEMA

利用料金:無料(ABEMAプレミアムは月額960円・税込)
アカウント共有(※1):なし
PPV(※2):あり
ダウンロード機能(※3):あり

会員登録不要(ABEMAプレミアムは必要)。スマートフォンやPC、タブレット、主要なテレビデバイスにも対応し、様々なシチュエーションで視聴が可能。
オリジナルのニュース番組や生放送番組をはじめ、アニメやドラマ、音楽、スポーツなど多彩な番組が楽しめる約30チャンネルを、24時間すべて無料で提供している。
最近では新機能、有料オンラインライブ「ペイパービュー」がスタート。

(※1)アカウント共有とは、ひとつのアカウントで複数のデバイスで動画の再生・同時視聴ができる仕様のこと。
(※2)PPV(ペイパービュー)とは「都度課金制サービス」のこと。動画を1話購入するごとに支払いをする形式。
(※3)ダウンロード機能とは、あらかじめ動画をデバイスにダウンロードしておき、オフラインでも再生できる機能のこと。

ABEMA

GYAO!(ギャオ)

利用料金:無料
アカウント共有:なし
PPV:あり
ダウンロード機能:なし

会員登録不要。スマートフォンやPC、タブレット、テレビで視聴が可能。
映画、ドラマ、アニメ、音楽、バラエティなど多様なジャンルが揃った“安心して楽しめる公式動画”。テレビ放送中のドラマやアニメの最新話が無料で配信されており、次回放送開始の直前まで何度でも楽しめる。オリジナルコンテンツもあり。

GYAO!

TVer(ティーバー)

利用料金:無料
アカウント共有:なし(アカウント不要)
PPV:なし
ダウンロード機能:なし

会員登録不要。民放5社(日テレ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビ)が連携して運営している公式テレビポータルサイト。PC、スマホ、タブレットなどで視聴が可能。ドラマやバラエティ、アニメ番組の最新話など約300番組が番組放送終了から約7日間見放題。

TVer

ニコニコ動画

利用料金:無料(プレミアム会員は月額550円・税込)
アカウント共有:なし
PPV:なし
ダウンロード機能:なし

会員登録不要。株式会社ドワンゴが運営・提供している日本最大級の動画共有サービス。PC、スマートフォン、タブレットのアプリで視聴が可能。再生中の動画に自分のコメントを投稿する「コメント機能」があるのが特徴。
アニメのラインナップが豊富で、最新アニメを多数網羅している。TVと同じ放送日と時間に生放送する番組もあり、放送エリア対象外からも同時視聴ができる。

ニコニコ動画

2.アニメ以外も観たいアナタへ!国内向けから世界最大級のサービスまで

Amazonプライム・ビデオ

利用料金:月額500円(税込・月間プラン)/年間4,900円(税込・年間プラン)
アカウント共有:なし
PPV:あり。購入(視聴期限なし、スマホやタブレット等にダウンロードして持ち運ぶことも可)とレンタル(30日以内に視聴を開始、一度再生を開始した後の視聴期限は作品によって異なる)の2種類あり。
ダウンロード機能:あり

会員登録が必須の「Amazonプライム」サービスの1つ。他に、Amazonお急ぎ便・お届け日時指定便の利用や、音楽、写真、本などを追加料金なしで楽しめるサービスがある。
動画配信サービス「Amazonプライム・ビデオ」では、映画やドラマ、アニメ、バラエティ、Amazonオリジナルコンテンツなどラインナップが豊富。近年公開されたアニメ映画なども比較的早く配信されるのが特徴。

Amazonプライム・ビデオ

dTV

利用料金:月額500円(税抜)
アカウント共有:なし
PPV:あり
ダウンロード機能:あり

会員登録が必要な、NTTドコモが提供する定額制の動画配信サービス。各種端末で視聴が可能。ドコモケータイ回線を持っていなくても、dアカウントを発行して利用できる。
映画やドラマ、アニメ、音楽など12万作品もの豊富なラインナップが、月額500円の低価格で見放題なのが特徴。

dTV

FODプレミアム

利用料金:無料/月額888円(税抜)
アカウント共有:なし
PPV:あり。購入したポイントで新作映画がレンタルできる。
ダウンロード機能:なし

登録不要(FODプレミアムは必要)で見逃し配信が楽しめる、フジテレビが運営する動画配信サービス。スマホやPC、タブレットなど様々なデバイスで視聴可能。
FODプレミアムでは、フジテレビ作品が5000本以上見放題。オリジナル作品、アニメ、海外ドラマのほか、130誌以上の雑誌も読み放題。新作映画のレンタルや最新漫画もお得に購入できる。

FODプレミアム

Hulu(フールー)

利用料金:月額1,026円(税込)
アカウント共有:あり
PPV:あり
ダウンロード機能:あり

会員登録が必要。スマートテレビやメディアプレイヤー、ゲーム機など様々な環境で視聴が可能。60,000本以上の様々なジャンルの作品がラインナップ。「huluプレミア」では、海外の注目作品を日本“初上陸”で配信しており見放題で楽しめる。
また、会員向けPPV「Huluストア」も今年からスタート(レンタル/購入)。劇場公開から間もない最新映画や海外ドラマの最新シーズン、アニメ、音楽ライブなど、見放題サービスでは提供できない作品を豊富に取り扱う。
『ソウタイセカイ』など、Huluオリジナルアニメもあり。

Hulu

Netflix

利用料金:プレミアム月1,800円(税抜)/スタンダード月1,200円(税抜)/ベーシック月800円(税抜)
アカウント共有:あり
PPV:なし
ダウンロード機能:あり

会員登録が必要。190か国、1億9300万人の有料メンバー数を誇る世界トップクラスの動画配信サービス。
受賞歴のあるドラマ、映画、アニメ、ドキュメンタリー等、幅広いコンテンツを配信している。一定期間Netflixでしか見られない「Netflixオリジナルアニメ」が多数制作されているのが特徴。

Netflix

U-NEXT

利用料金:月額プラン月1,990円(税抜)
アカウント共有:あり。ファミリーアカウントサービスがあり、1つの契約でアカウントを無料で3つまで追加OK。4アカウントで同時再生も可能。
PPV:あり
ダウンロード機能:あり

会員登録が必要。20万本以上の動画が視聴可能で、見放題のラインアップ数はNo.1。アニメは4,000作品以上を配信している。
マンガや雑誌、ラノベ、書籍などの電子書籍も57万冊読み放題。毎月もらえるポイント(1,200円分)を最新作のレンタルや漫画の購入、映画チケットへの交換に使用することができる。

U-NEXT

3.アニメ好きのためのアニメ特化型!ファン納得の動画配信サービスたち

dアニメストア

利用料金:月額400円(税抜)
アカウント共有:なし
PPV:あり
ダウンロード機能:あり

会員登録が必要。“月額400円で4,000作品以上が見放題”のアニメ系動画配信サービス。
アニメだけでなくアニソンライブ映像、アニソンミュージッククリップなども配信。また「地上波先行・最速」、「地上波同時・最速」、「見放題最速」など作品の配信が早く、表現の規制が緩和された特別版やラジオなどオリジナルコンテンツが多いのが特徴。

dアニメストア

Disney+

利用料金:月額700円(税抜)
アカウント共有:あり。同時ログイン可能数は5台、同時視聴可能数は4台まで。
PPV:なし
ダウンロード機能:あり

会員登録が必要。ディズニーがグローバルに展開する定額制動画配信サービス。
ディズニー、ピクサー、マーベル、スターウォーズ、ナショナルジオグラフィックといったディズニー系ブランドの公式動画配信サービスで、「ディズニープラス・オリジナル作品」など独自のコンテンツが多数あり。
名作から生まれた新たなストーリーや、ディズニーの名作アニメーションの実写化、ディズニーの裏側を紹介するドキュメンタリー作品なども配信している。
登録には、dアカウントとディズニーアカウントが必要。通信会社を問わず誰でも利用できる。

Disney+

バンダイチャンネル

利用料金:月額1,000円(税抜)
アカウント共有:なし
PPV:あり
ダウンロード機能:なし

会員登録が必要。バンダイナムコが運営する定額制動画配信サービス。
アニメ、特撮に特化したサービスで旧作から新作まで幅広くラインナップしており、動画数は約3,300本。ロボット系アニメなどサンライズ制作の作品が多いのが特徴。

バンダイチャンネル
以上、合計13の動画配信サービスをご紹介しました。
どのサービスもそれぞれ特色があって迷うところですが、まずは「無料か有料か」、そして「アニメ専門かそれ以外のジャンルも見たいのか」。この2つのポイントから検討してみてはいかがでしょうか。
きっとあなたのお気に入りの配信サービスが見つかるはずです。

Original article source:https://animeanime.jp/article/2020/09/01/56027.html

Our website just crawl all the Japanese bloggers and Translate with Microsoft api. If you have any questions about articles, please ask bloggers who post these articles.

Our website is operated with non-profit. We are always looking for donations through bitcoin, so it would be appreciated if you would like to appreciate our site. Thank you.

■Bitcoin address
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。