Google Translator

8月31日(月) 8月最後の日、横浜のメイド喫茶「ルポリア」にて・・・

8月31日(月) 8月最後の日、横浜のメイド喫茶「ルポリア」にて・・・

皆さん、こんばんは! 久しぶりのブログ更新です。
今回、紹介するのは横浜市にあるメイドカフェ「ルポリア」さんです。
 
ルポリアさんは、2020年2月にオープンしたメイド喫茶ですが、オープン後に新型コロナウィルスの流行に伴う政府から発令された非常事態宣言で休業をしていました。
5月27日の解除後には営業再開しています。
 
営業再開後は、クラシカルな装いの落ち着いた店内と清楚で品があるロング丈メイド服を着た綺麗なメイドさんがお給仕するということで人気は上がっていきました。
口コミを通じて横浜市内、横浜近郊、または私のように関東圏から来店するお客さんが増えてTwitterでも話題にもなっていました。
 
ルポリアさんに関しては下記の公式ホームページをご覧ください。
 
なお、当ブログでも過去記事がございますので、参考にご覧ください。
※詳細な情報は①の記事に書いています。
 
 
 
 
昨日(2020年8月30日)は、真夏の暑さを感じるほどの気温の高さでした。
朝から電車に乗って、片道2時間かけて、横浜へ向かいました。
 
JR横浜駅から歩いても片道15分から20分かかるので、久しぶりに日傘をさして歩きました。
オープン10分前に店前に到着。すでにお客さんが一人待っていました。
メイドさんが、開店準備をしている間、外で待機していました。
開店時間の11時を過ぎて、ようやく中に入ることができました。
 
ルポリアさんでは、新型コロナウィルス感染防止対策を実施していて、店内の窓を常時開けての換気、入店時は手の消毒、検温を行っています。
座席は、席数を減らしての間隔を空けての案内になります。
メイドさんは常時マスクの着用、お客さんも飲食以外はマスクを着用することになっています。
 
ルポリアさんはカウンターが二つあり、座席数も通常なら各6席ぐらいですが、今はソーシャルディスタンスで半分に減らしています。
 
これでは、売り上げも厳しいのではと思いましたので、少しでも長めに滞在し注文も多くしたいと思いました。
このような素敵なお店は、永続して欲しいので出来る範囲で売上げ貢献したいと考えています。
 
この日の昼の時間帯のお給仕メイドさんは3名です。
 
メイドさんの名前の部分をクリックするとTwitterアカウントに遷移します。
 
11時から12時までの時間は、ひなさんだけのお給仕で、12時からかんなさん、13時からめいさんがお給仕開始すると聴きました。
 
ひなさんは、髪型をツインテールにしてとても可愛く、笑顔でそして丁寧な接客をしていました。
余談ですが、ひなさんはTwitterをよく活用していて日常のこと、お給仕の事などを呟いていています。
お客さんからのリプライも歓迎していてお客さんとの交流を大切にしているメイドさんです。
ひなさんは深夜に声だけをメッセージを録音してTwitterでツイートしていたことがありますが、とても可愛いお声なんですよ。私も癒されながら聞いています。
 
さて、本題に戻ります。
 

カウンターに着席すると、ひなさんが注文を聴いてくれました。

 
ルポリアさんは、下記のようなシステムになっています。
 
●会員様(月単位)
月額9千円(女性は7千円)を払えば、1か月はチャージ料不要で滞在時間に制限はありません。※混雑時は対象外。
 
●一度会員になられた方(お帰り様)
1時間ごとにチャージが700円(女性は600円)かかりますが滞在時間は無制限となっています。※混雑時は対象外。
 
●新規様
会員でない又は新規来店の場合は1日1回のみ1時間だけの滞在となります。
チャージ料金は700円(女性は600円)が必要。
 
私は過去会員だったのでお帰り様プランにしました。
 
ドリンクを注文しましたが、その時にひなさんが「お腹は空いてませんか?」と訊ねてきました。
美味しいパスタを久しぶりに味わおうと思い、ドリンクはジンジャーエール、サラダとパスタを注文しました。
あわせて、ひなさんのチェキを2枚注文しましたがお給仕中のメイドさんがひなさんだけなので、撮影は12時にかんなさんが来てからでいいと伝えました。
 
ひなさんは他のお客さんと私と交互に会話しながらお給仕していました。
 
そして裏の厨房ではシェフの方が注文したサラダとパスタを調理していて、サラダとパスタが順に運ばれて来ました。
 
ルポリアさんの魅力は落ち着いた店内、そして明るく笑顔が素敵なメイドさん達、そしてもう一つが料理なのです。
シェフが新鮮な素材を使って腕を振るって作るイタリアンは美味しいので定評があります。
 
こちらが、イベリコ豚を使ったサラダです。野菜不足の私には有り難い量です。

そしてこちらは、エビのトマトクリームパスタです。
エビも大きく、そしてトマトソースも絶妙な味わいで美味しかったです。

サラダもパスタも箸でいただきました。

本来のイタリアンではナイフやフォークを使うのがマナーですが、ひなさんが「箸とフォークはどちらがいいですか?」と気をきかせて訊ねてくれたので箸にしました。
使い慣れた箸で食べる方がスムーズで食べられるので、嬉しかったです。
 
そして、食べ終わったあと12時にかんなさんが、お給仕開始となり、ひなさんと合わせたということで、髪型をツインテールにしていました。胸元には可愛い黄色のミニポーチを首から下げていて可愛かったです。
 
黄色のポーチは、お客さんからのプレゼントでもらったと話してくれて、大事に使っているようでした。
 
12時を過ぎた頃からお客さんが来店していました。
駅から離れているにもかかわらず平日の昼でもお客さんが来ることに知名度もアップしているのかなと感じました。
 
そして、ひなさんのチェキをかんなさんに撮ってもらいました。
今回はツーショットとソロでのチェキを撮ったのですが、以前撮った時より明るい感じで撮れていました。
ひなさんに聴いたら、チェキが1か月前に新しくなったそうで明るく撮れるようになったと教えてくれました。
チェキも良くなって、注文するお客さんが増えているのかTwitterでメイドさんのチェキ画像がTL(タイムライン)に流れてきています。
 

こちらがその時のソロチェキです。ツインテールでの笑顔が素敵でしょう。

チェキのお絵描きをしている間にも、秋葉原のコンカフェや蒲田にあるメイドカフェ「シャルロッテ」さんについてお話しすることが出来ました。
 
そして、かんなさんとも久しぶりにお話して、ツインテールの髪型がとても似合っていたのでチェキをまた2枚(ツーショットとソロ)で注文しました。
 
そのチェキがこちらです。とてもキュンキュンした感じのポーズで満足でした。
可愛く撮れていて、かんなさんの魅力が伝わってきます。

かんなさんともチェキのお絵描きの際にお話しましたが、とても笑顔でにこやかに話してくれたので癒されました。

 
今回は次の予定もあって2時間の滞在でした。
13時には出発したので、メイド長のめいさんとはお会いできなかったのですが、次回こそはお会いしたいと思っています。
 
久しぶりのルポリアさんでしたが、メイドさん達と楽しく話せましたし美味しいパスタを味わうことが出来て満足しています。
 
新規のお客さんも温かく迎えてくれて、居心地よく過ごせるお店なのでまだ行ったことがない方は是非訪ねて欲しいです。
 

 

 

Original article source:https://ameblo.jp/aino8888/entry-12621802593.html?frm=theme

Our website just crawl all the Japanese bloggers and Translate with Microsoft api. If you have any questions about articles, please ask bloggers who post these articles.

Our website is operated with non-profit. We are always looking for donations through bitcoin, so it would be appreciated if you would like to appreciate our site. Thank you.

■Bitcoin address
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。