Google Translator

根福寺城 [1/2] 大阪南部の山中に残る根来衆の和泉進出拠点


根福寺城 [1/2] 大阪南部の山中に残る根来衆の和泉進出拠点

根福寺城(こんぷくじじょう)は大阪府南部の和泉市に残る戦国時代の山城で、和歌山の根来衆が和泉進出の拠点にしたと伝わる。比高は130mとさほど高さはないが広さは芥川山城や置塩城などに匹敵し、城内は大きな谷を挟んで東西2つのエリアから構成されている。東側は小さな段曲輪を多数重ね石積みも所々に見られる城郭寺院風、西側は千畳敷と呼ばれる広い曲輪を中心としたシンプルな構造をしている。城域の先端は堀切で分断しており、更に城の南西斜面には7条の畝状竪堀群が築かれ、最大の見所となっている。整備はされておらず夏場はほぼ藪の中だが、畝状竪堀群だけはしっかりと今も残っている。

<基本データ>
●名称:根福寺城(こんぷくじじょう)
●所在:大阪府泉南市 (地図)
●城主:根来衆、松浦肥前守?
●築城:天文四年 (1535) ?
●遺構:堀切、門跡、石積、土塁、畝状竪堀群

訪問時期:2019年5月
根福寺城 訪問記 − 其の一


<訪問記>

>> 根福寺城 [2/2] へ続く。<<

訪問時期:2019年5月
撮影機器:FUJIFILM X-T20 + XF10-24mm


ページの一番上に戻る

Original article source:https://akiou.wordpress.com/2020/10/17/konpukujijo/

Our website just crawl all the Japanese bloggers and Translate with Microsoft api. If you have any questions about articles, please ask bloggers who post these articles.

Our website is operated with non-profit. We are always looking for donations through bitcoin, so it would be appreciated if you would like to appreciate our site. Thank you.

■Bitcoin address
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。