Google Translator

11月15日 日曜日の夜、秋葉原のメイドカフェ「シークレットプレイス」にて・・・

11月15日 日曜日の夜、秋葉原のメイドカフェ「シークレットプレイス」にて・・・

皆さん、おはようございます。桃太郎です。今回は2020年11月15日に行って来ました秋葉原にあるRPGをコンセプトにしたメイドカフェ「シークレットプレイス」に行って来ました。
 
シークレットプレイスは、JR秋葉原駅から徒歩15分ほど、地下鉄「銀座線」の「末広町駅」下車すぐという便利な場所にあります。
 
【公式Twitter】
 
下記にJR秋葉原駅からのルートを地図に記載しています。
秋葉原駅の電気街改札を出て、右側から外に出ると、正面に秋葉原UDXビルがあります。
それに向かって歩き、UDXビルの前を左に左折し中央通りに出ます。
そこから末広町駅方面へ直進すれば到着です。
これは、以前撮影した地下鉄「銀座線」「末広町駅」G14出口です。
この出口を出てすぐ向かいにシークレットプレイスが入っているビルがあります。

こちらがシークレットプレイスが入居しているビルの外観になります。

ビルの5階です。赤枠で囲っている部分です。

ビルの入り口脇にはこのような案内板があります。
メイド服は、薄紫に黄色のリボンと可愛いデザインとなっています。
ビルのエントランスにある案内版です。
2階、3階、そして6階もメイドカフェ&BARが入っています。
3階は、ピンクラビットパステルプールという二つのお店が1つのフロアにあります。
シークレットプレイスは5階にあります。
ここからが本題に入ります。
2020年11月15日(日)の夜、秋葉原で用事を済ませて御徒町へ向かって中央通を歩いていました。時間帯は18時くらいでした。
 
大型量販店「ドンキホーテ」の前を通りかかると、メイドのサラ・ウィンさんがビラ配りで立っていたのを偶然見かけました。
お互い目が合ってしまい、声をかけました。
以前、サラ・ウィンさんと出会った時は別件の予定があり案内いただきましたが断った経緯があり、お店がまったりということを聴いて今回は行くことにしました。
サラさんは、ビラ配りの時をしている時によく会うのですが、お店に来て欲しいということを無理強いしない人で、お客さんには時間ある時に来てくださいという気遣いをしてくれるのです。
とても話しやすい人で、私はシークレットプレイスのメイドさんの中では一番好感を持っているメイドさんなのです。
大人の魅力を持った美人さんなので、話す時もチェキを撮る時もちょっと緊張してしまいます。
 
今回は時間もあったのでサラさんと一緒にお店に入りました。
店内は日曜日の夕方という時間帯だったのか客はいなくてメイドさん一人、男装さん一人がいる状態でした。
 
この日、お給仕していたのは以下のメイドさん、男装さんでした。

サラ・ウィンさん

イズモ・カグラさん 

サクラ・ワールドさん

ハルキ・イチノセ(男装)さん

※名前の部分をクリックするとメイドさんのTwitterアカウントに遷移します。

 

手の消毒をして、カウンター席の中央に案内されて座りました。

注文をとってくれたのが、メイドのサクラさんでした

笑顔が素敵で、ブラウンの髪色でセミロングが似合う美人さんです。
 
まずはジンジャーエール(600円)を注文しました。
※ソフトドリンクは600円~700円です。
 
ドリンクが出てくるまで、店内を見渡してカウンターの上に会った利用可能な決済手段の案内を撮影しました。
メイドカフェ&BARの中では、最多と思えるほど多種の決済手段が利用可能となっています。例えば交通系ICカード「nimoca(ニモカ)」は九州の福岡県で使用されています。
manaca(マナカ)は名古屋の交通系ICカードです。
toica(トイカ)は東海地方(JR東海)の交通系ICカードです。
このように地方からのお客様が来店しても便利な決済手段で支払いが可能となっています。
 
余談ですが秋葉原のメイドカフェ&BARでは、PAYPAYやauPAYなどに対応する店が増えています。
交通系ICカードが使えるのは、「アキバなら異世界メイドがお給仕したって問題ないよね!」、メイドカフェの「ぴなふぉあ」、「鉄道居酒屋」などでしょうか。他にもあるとは思います。
キャッシュレス化は今後も拡大していくと思われますが、まだ支払は現金決済のみというお店も多いです。
これからもキャッシュレスで支払いが可能なお店が増えてくれるといいなと期待しています。

店内もお客さんがいなかったので撮ってみました。

以前は他のお客さんがいたので撮影できなかったのです
 
カウンターは木製で落ち着いた感じです。
店内の壁面も古き良き酒場をイメージしたレンガ風に装飾されています。
カウンター正面には大型モニターもあり両脇にはオシャレな棚があり、日本酒、洋酒、リキュールなどが綺麗に飾られています。
酒場またはオーセンティックなBARのようにも感じられ大人の空間だと思いました。

棚の部分をアップで撮ってみました。

反対側のカウンターも撮ってみました。

カウンター後方にはテーブル席もあり、団体さんにも対応が可能です。
照明もこだわりを感じられます。
そして、注文したジンジャーエルが運ばれて来ました。
メイドのサクラさんサラさんにキャストドリンク(メイドさん一人につき1000円)を注文し、ゆったりした時間を過ごしながら、お店や秋葉原のコンカフェについて、またメイド服などを話題にして楽しく会話しました。
 
お二人とも笑顔でにこやかな表情で話をよく聴いてくれて、また色々なことを教えてくれました。このような静かな落ち着いた雰囲気でメイドさんと和やかに話せるのはとてもいいなと思いました。
30分くらい経って、常連のお客様も来店し少し賑やかになってきました。
 
私は、男装のハルキさん、メイドのイズモさんとも楽しく会話をさせていただきました。
イズモさんは新人さんですが、とても私の話に興味を持ってくれて聴いてくれて嬉しかったです。
ハルキさんは以前に会ってましたが、私の事を覚えていてくれて嬉しかったです。
メイドさんも男装さんも積極的に話しかけてくれるので、放置とか居心地悪いとかなく気分よく過ごせました。
 

そしてあっという間に1時間が経過し、予定を更に変更し1時間延長して滞在することにしました。

追加のドリンクは、トマトジュースです。

そして、お腹が減ったのでフードを注文しました。
生ハム盛り合わせ(1000円)オリエンタルポテト(800円)にしました。
 
しばらく待って運ばれたのが生ハム盛り合わせです。
鉄製のこだわりの器に盛られていて見た目も綺麗でした。皿の端には塩とタレがあり、それを付けて味わいます。
生ハムは美味しくて、酒のつまみには最高ではないかと思いました。
そして、次に運ばれてきたのはオリエンタルポテトです。

木製の器に盛られていてこちらも見た目が綺麗です。

そしてピリ辛のソース、上にはチーズがあって美味しかったです。

シークレットプレイスさんは、料理はオムライスやパスタなど主食になるメニューはないのですが、お酒のおつまみに最適な一品料理を用意しています。

他のお客さんもお酒を飲みながら揚げ物を美味しそうに食べていました。
料理を載せる器にもこだわりがあって、ここは評価したいと思いました。
料理は男装さんが丁寧に調理していますので、美味しいので次回は他のメニューも味わってみたいと思いました。
 
このようにメイドさん達と会話を楽しみながら美味しい一品料理を味わい心も腹も満たされました。
 
常連さんはお酒を飲む方が多いのですが、ソフトドリンクだけでも十分楽しむことができます。要望があるとすれば、コーヒーや紅茶にこだわって種類を増やしてほしいなということでしょうか。
 
今回は2時間滞在しましたが、とても快適に過ごせたのでまた来たいと思いました。
会計を済ませて、お店を出る時はメイドさん達がエレベーター前に集まって笑顔で見送ってくれました。
 
シークレットプレイスは一人で過ごすにも、そしてカップルや友人同士で語らう場として最適な店はないでしょうか。
薄暗い古き酒場のような雰囲気で静かに過ごすのも楽しく語らうのもいいと思います。
メイドさん達も話しやすい方ばかりですし、丁寧な接客をしてくれるので居心地がいいのでおススメしたいです。
 

 

Original article source:https://ameblo.jp/aino8888/entry-12638190883.html?frm=theme

Our website just crawl all the Japanese bloggers and Translate with Microsoft api. If you have any questions about articles, please ask bloggers who post these articles.

Our website is operated with non-profit. We are always looking for donations through bitcoin, so it would be appreciated if you would like to appreciate our site. Thank you.

■Bitcoin address
1L1mCDuAPZJJtt7boJvDzBNCqv66X3eqgQ

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。